母への依存

自分と母、お互いへの依存が日に日に強まっている気がして不安です。

母への依存が間違いなく強まっている

抑鬱状態が強い時、私は母にしがみついてわんわん泣いていました。

「置いて行かないで」「怖い」と泣いて、孤独が自分を殺しにくるような気がして、それならいっそ死にたいと胸をかきむしっていました。

最近は抗不安薬を飲むことで、そんな症状はほぼ出なくなりました。

でも代わりに、母と長いこと話しこむのが日課になっています。母と話さないと、不安で仕方ないのです。

母に自分は依存しがちだという自覚はありましたが、最近は日に日に強まっている気がします。

スポンサーリンク

依存の先が見えず、怖い

なぜ私が母への依存度を気にするかというと、依存した先の未来が見えないからです。

母に依存することで得られる未来は、母と自分の共同生活です。

でも私も母もお金を生み出す力がほとんどありません。

私はどんどん鬱状態が悪くなっていて薬に頼りきっているし、母も同様です。

父というスポンサーがいなくなったら、わたしも母も生きていけません。だから、依存しきった先で生きていける予想図が描けなくて、怖いのです。

スポンサーリンク

死にたいのに生きたい

不安をこうやって文字に書き出すと、いつもふっとおかしくなります。

だって、いつも死にたくてたまらないのに、私は未来のことを気にして不安でたまらなくなっています。生きていけないと不安になって、死にたくなっています。

生きたいのが先なのか、死にたいのが先なのか。

よくわからないなと、自分の頭の中がこんがらがってくるのです。

 

とりあえず中長期的なことは置いておこう

今はいろんな不安ごとは脇に置いておくことにします。

主治医からも、あまり思い詰めるともっと病状が重くなると注意されたし…。

一旦何もかも忘れて、ぼーっと空を見つめて過ごしたい(希望)です。