嘔吐、嘔吐、嘔吐

最近ずっと、朝昼晩過食嘔吐してます。曜日の感覚が曖昧になってきました。

食べて吐いてを繰り返して

過食嘔吐って、結局太るんですよね。

吐いたって、なんだかんだ胃の中に吐ききれないものが残るんです。私の場合だけかな。

なので、まあ過食嘔吐をすると太るわ、肌は荒れるわ、食べては吐くを繰り返すので曜日感覚を失うわ、下剤を乱用するので常に脂汗が浮くくらい腸が痛いわで、まあ良いことがない。なのに毎日繰り返している。

スポンサーリンク

 

 

なぜ過食嘔吐をするのか

そんなにいいことがないのになぜ過食嘔吐をするの?と聞かれれば、答えは一つです。

これは自傷行為なんです。

自分を傷つけたいんです。自分を痛めつけることで、過去に自分がいじめられて傷ついた心の叫びや痛みから目をそらしたいんです。

スポンサーリンク

 

 

心の痛みが強すぎて直視できない

じゃあ心の痛みと向き合えよ!と言われるでしょうが、そう簡単にできません。

過去の心の痛みと向き合うことは、心に激しい痛みを生じさせます。まず正気では立ち向かえません。

なぜなら、過去のひどいいじめの状況を詳細に思い出しながら、今後はどうしていくのか対応策を練らなくてはいけないわけですが、当時の限界まで追い詰められた精神状態も当然思い出すわけです。

でもその気が狂うほど辛かった当時の気持ちを思い出さなくてはいけない、それに耐えるためにはさらに強い痛みを自分に与えなければ、正気でものを考えることはできません。

なので、過食嘔吐はいわば自分にとっては過去に立ち向かうための逃げ場なんです。

 

逃げ場が辛い時、どうしたらいい

もし再就職するなら、私はまた過去を繰り返さないために最悪の状況への対応策を練っておかなくてはいけません。

でも、その対応策を練る過程がこれほど辛い時、どうしたらいいんでしょうね…。

他の逃げ場が欲しいです。