自殺願望のある人は、コーラックを飲んでみよう

「死にたい」という気持ちが止まらない時、コーラックを飲んでみることをおすすめします。

「頼むから早く死なせてくれ」と誰かに懇願したくなるくらいの激痛を体感できるので、逆に生きたくなります。

うつ病と便秘の深い関係

うつ病患者は、高確率で腸に問題を抱えている人が多いそうです。

というのも、

うつ病になる→人に接することに怯え、引きこもりがちになる+排泄以外の生理的欲求が著しく低下するので、料理をひやくなる→インスタントのラーメンやご飯など、簡単に食べられる炭水化物中心の食生活になりがち→便秘になる

という悪循環が生まれるからですね。

うつ病だと診断されていない人でも、希死念慮(死にたいと思う気持ち)が強い人はこんな食生活になりがちだと思います。

スポンサーリンク

コーラックは超強力便秘薬

人それぞれだと思うのですが、私にとってコーラックは激痛を伴う超強力な便秘薬です。

1回3錠飲めば、数時間後には七転八倒の苦しみを味わえます。そして便秘も完璧に解消できます。

今日も久々にコーラックを飲んだんですが、あまりに腸が痛すぎて風呂場で失神しかけました。

スポンサーリンク

強い痛みを感じると、自分の心が本当に欲するものが見えやすくなる

大きな痛みを感じると、心にたゆたうたくさんの小さな痛みを晴らしてくれるので、隠された自分の率直な気持ちを知りやすくなると私は思っています。

これは実体験ですが、「今すぐ死にたい」と思っていても、実際に死ぬほどの苦しみを味わった後だと、人は意外と「生きていてよかった」「死ぬ前に何かをしたい」と不思議とポジティブになれるものです。

こうやって定期的にコーラックを飲んでは失神しかける行為は自傷行為のひとつなのかもしれないのですが、少なくとも私は、「希死念慮(死にたい)という気持ちを消し去りたい」と思う時の健康的な解決法のひとつだと思います。

もし、今「死にたい」「自傷行為が止められない」と苦しんでいる方は、コーラックを飲んでみては?とおすすめしたいです。