【鎌倉のおいしいアジアンディナー】穴場のタイ料理店「Kuriyum」がおしゃれ過ぎる!

こんにちは。長谷駅周辺を散策中、私(@namakerie)です。

鎌倉観光といえば、高徳院の大仏さん。そして、新鮮な野菜と魚を使った鎌倉グルメ!

長谷駅周辺には鎌倉のあらゆる美味・珍味が集まっており、観光客にも地元の人にも大人気です。

そんな鎌倉グルメの激戦区である長谷駅近くに、食べログでTOP5,000に入るタイ料理屋さんがあるのをご存じでしたか?

海を見ながらランチ・ディナーができるので、デートにもぴったりなんですよ(・∀・)

今回は、鎌倉の野菜・魚介類をふんだんに使った上品なタイ料理が食べられる「Kuriyum(クリヤム)」をご紹介します。

スポンサーリンク

「Kuriyum(クリヤム)」は、長谷駅から徒歩3分。通り沿いのビルなのでわかりやすいが、不定休には要注意!

食べログでTOP5,000に入る貴重なタイ料理屋さん「Kuriyum(クリヤム)」は、長谷駅から徒歩3分の場所にあります。

長谷駅を出て左折、突き当りを右折してすぐのところにある「サイトウビル」の2階ですね。

img_1978

夜撮影したので、光りすぎて全く見えませんがw

クリヤムは基本的に水曜日定休なんですが、時々不定休になります。確実にお店に行きたい方は、席数が少ないですし予約した方がいいですね。

ぱっと見外見では、お店が営業してるか分かりにくいんですが‥窓が全開になってたら営業してるよって合図みたいです。

img_1979

やってない日は、こんな感じ。

img_1695

あと、ビルの入り口に看板が出てたらやってる合図です。

img_1697

車で来られる方は、ビルの入り口にどこに停めてほしいか注意書きが置いてあるので要チェックです。

img_1983

では、ビルの階段を上がって行きます。

img_1982

あ、あと、家族連れで来られる方も多いと思うんですが、ベビーカーと食事の持ち込みはNGみたいです。

img_1984

いざ、入店してみましょう。

img_1986

スポンサーリンク

店内は意外と広いが、席数は少なめ。清潔感があり、こぢんまり。

img_1998

店内はとてもおしゃれ!

明るめのウッドに白とライトイエローが映えます。モダンな雰囲気ですね。

img_1996

席数はかなり少なくて、4人掛け席が2組。2人掛け席が3組しかありません。

しかも、私はこの日オープン時間と同時に駆け込んだので入店できたんですが、他の席はほとんど予約で埋まっていました。

オープン時間と同時に入店できなさそうなら、予約は必須ですね。

スポンサーリンク

メニューの種類は多くない。厳選された料理を味わうスタイル!

メニューは定番と、本日おすすめの2種類が書いてあります。

まずは定番メニューから、前菜。まあまあ、良いお値段ですね。

img_1987

魚介類・肉・麺類ですね。主菜系です。

img_1988

お次は、米類!

img_1990

本日のメニューもあります。

img_1991 img_1992

アルコール類も、控えめなラインナップ。

img_1993

お酒が飲めない方のために、ソフトドリンクもあります。デザートも!

img_1994

私はとにかく肉類をがっつり食べたかったので、肉・米料理をいくつか注文しました。

たくさんの種類を食べたかったので「量は少なめにできますか?」とお伺いしたら、快諾。ありがたいです。

ちなみに、私が寒そうにしていたからか、ひざ掛けを貸してくださいました。

img_2001

細やかな心遣いが行き届いてます!これぞ日本のおもてなしの心ですね。

肉・米料理はボリューム満点!どれもデート向きの上品なおいしさ

img_1995

さて、まずはチャーン(650円)のボトルです。

チャーンは、以前タイ旅行した時によく見かけた純タイ国産ビール。

「安い・マズイ・薄いの三拍子が揃ったビール」と酷評されることが多いですw

独特な香り(何と例えたらいいのかわからないんですが‥)があるので、都市部の文化人層よりも地方の労働者層に人気があるイメージです。

タイで飲んだ時はとにかくぬるくて、氷と一緒に飲んだんですよね。今回は、しっかりキンキンに冷やされたチャーンだったので、何だか不思議な感じでした。

冷やすと独特の風味が増して、おいしかったです。

苦味はあるけど渋みはないので、アサヒスーパードライが好きな人なら、結構好きなんじゃないかな。

img_2002

最初に来たのは、ムーマナオ(豚肉と温野菜のライムソース掛け)(1,080円)です。

img_2003

レモングラスとライムの香りがすごくいいです!鼻にすっと抜けていきます。

鶏肉は、しっかり噛むごとに旨みがじゅわりと染み出します。

温野菜の種類は5種類。しめじ、いんげん、トマト、赤玉ねぎ、キャベツが蒸されてますね。セロリが入っていたような、入っていなかったような‥。野菜たっぷりでヘルシーです!

ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)が結構しっかり効いてます。酸っぱいものが好きなので、これは嬉しかったな。

img_2004

お次は、ムーヤーン(豚肉のタイハーブロースト バナナリーフ包み)(small 960円)。

韓国海苔のような、オイリーかつ潮が香る不思議な塩と、海老の旨みが強い味噌、この2つをつけて食べるようにおすすめされました。

img_2006

でも、豚肉だけでも、十分に美味しいです。

噛むごとにハーブの強い香りと旨みたっぷりの肉汁が滴ります。肉に脂身が少ないから、ダイエット中の女子にもありがたいですね。

海老の旨みがある味噌(豆板醤かも?)はかなり美味しくて、たっぷりつけても、くどくならないんです。

だからといって、少しでもしっかり存在感がある。絶品でした。

img_2005

塩っぱいものの最後は、ガパオ・ガイ(鶏挽き肉のバジル炒め 目玉焼きのせ)の「0:辛さなし」(1,180円)です。

img_2013

ガパオ・ガイはタイで生まれて初めて食べて、めちゃくちゃ美味しい!って感動した料理です。

あの感動をもう一度‥と頼んでみました。

img_2016

唐辛子とナンプラーが一緒に運ばれてきました。好きにつけて食べるようです。

img_2014

玉子は半熟!とろっとろです。美味しそう〜!!

img_2015

ひき肉やマッシュルーム、ピーマンにはしっかり味がついているので、あまりナンプラーをかけるとしょっぱくなりすぎますね。要注意です。

結構上品な味付けです。醤油とかがベースなのかな。

マッシュルームは大きめに切ってあるので、ぷりぷりした歯ごたえが最高です!ピーマンの苦味もいい感じ。

あと、パラパラのタイ米ではなく、やや粘り気のある米でした。

さあ、最後はココナッツのブラマンジェ ライチソース(450円)です。

img_2007

ココナッツ味のプリン(のようなもの)に、ライチの酸味が効いてすんごいうまいです!爽やか!

すくうと、とろっとしていて、口の中で淡雪みたいに溶けちゃいます。

でも、ココナッツの身もはいってて、サクサクした歯ざわりが面白い〜(・∀・)

img_2008

鎌倉のおしゃれなアジア料理なら「Kuriyum(クリヤム)」一択!海も見えるし、デートには最適。

8503994210_8f6822396d_b

鎌倉観光中、おいしいアジア料理が食べたいな〜と思ったら、Kuriyum(クリヤム)はおすすめです。

衝撃的なくらい美味い!というわけではないし、コスパもよくないけど、絶対外さない味です。

海も見えるし、味も上品で、おしゃれな女性とのデートには最適かな。

ぜひ鎌倉の大仏参り、長谷散策に行かれる際、気になっている女性と足を運んでみられてはいかがでしょうか?(・∀・)

 matome2

ではまた!(提供:エリログ(@namakerie)Follow @namakerie 

次回予告 「鎌倉グルメ旅、まだまだ続くよ〜!!(*‘ω‘ *)」

//