村上春樹が愛した居酒屋「久昇」(藤沢)で、オヤジの人情に泣いた話。

村上春樹も愛した、昭和46年創業の老舗居酒屋「久昇(きゅうしょう)」に行ってきました。

外観の重厚さも美しいんですが、何と言っても、料理がめちゃくちゃ旨い!!

筆舌に尽くしがたい、季節のうまみをたっぷり含んだ食材をふんだんに使った逸品がたくさん。高級料亭で出そうな絶品料理ばかりです。

目も舌も満足できる、なのに庶民価格。

今回は、藤沢のコスパ最強の老舗居酒屋「久昇」をご紹介します。

スポンサーリンク

久昇(きゅうしょう)は藤沢駅から徒歩3分

「久昇(きゅうしょう)」は藤沢駅から徒歩3分のところにあります。激近だ!

スポンサーリンク

創業40年!趣ある外観に、思わず目を奪われる

「酒処喰処 久昇」という達筆な看板、重ねた年月を感じる提灯と赤いのれんがいい雰囲気です。

img_0425

店の外には、店自慢のメニューがずらり。木の板に書いてあるのがニクい演出!

img_0426

スポンサーリンク

中は常に満席!予約必須だが、お一人様なら大丈夫。

店内に足を踏み入れると、開店してすぐ(17時)に入店したのにもう満席!

ちなみに行ったのは金曜夜です。華金だったからかな?

img_0461

席数は結構多いです。カウンター席・テーブル席・座敷席の3種類があって、50席くらいかな。

座敷席は店の一番奥にあるんですが、ゆったり飲み食いできそうでいいですね。

img_0460

私はカウンター席が1席だけ空いていたので、そこへ。

img_0441

目の前に料理や食材が並んでいて、ふわりと漂う海の香りがたまりません。ごくりと喉が鳴ります。

img_0439

できたてのだし巻きも、ふっくらぷるぷるで蠱惑的。

img_0447

カウンター席は厨房との距離がすごく近いです。

厨房内はぴかぴかに磨き上げられていて、清潔感がありますね。

40年間いろんな料理がこの厨房で作られたんだなあと、重ねた年月に思いを馳せます。

img_0440

お隣は予約席だったんですが、用意されている突き出しが美味しそうでした。じゅるり。

img_0430

 

毎月のおすすめ料理が手書きで書かれている

さて、メニューを見てみましょう。

壁の黒板と机のメニューに、毎月のおすすめ料理が手書きで書かれています。

img_0438

どれも美味しそうで悩む!

img_0431

裏面はお酒のメニューでした。

img_0432

本型のメニューもあって、こちらは定番の料理もいろいろ書いてあります。

img_0433

くじら料理が食べられるのか!料理の種類が豊富で悩みます。

img_0434

最後は飲み物の紹介ですね。日本酒とかビールが苦手な方も、サワー類があるので安心。

img_0435

 

どれも贅沢すぎる逸品ばかり!コスパは最強

まずはお通しをいただきます。ほうれん草としめじの炒め浸しみたいな感じかな。

ぴりっと黒胡椒が効いているんだけど、きのこが香り高いです。

img_0429

そして、親父さんがおすすめしてくれた「くじらのたたき」!

みょうがとたたき、生卵の黄身をぐちゃぐちゃに混ぜて食べてほしいと言われたので、そのとおりにしてみました。

赤身がぷりぷりで美味しそう!食べる前から新鮮だって分かりますね。

img_0437

ぐちゃぐちゃに混ぜていたら、親父さんが「ゴマも入れると美味しいんだよ」と、黒ゴマをどさっとかけてくれました。やさしい…!!

img_0442

黒ゴマが入ると、さらに美味しそう。

img_0443

いざ、いただきます。

うまーーーー!!??(´゚д゚`)

全然魚臭くない!血生臭くもない!

そして、とろける柔らかさです。

口に入れた瞬間に、あれっと思ったら溶けてる感じ。

信じられないくらい旨みが舌の上に広がります。ふわっと。

それに薬味がぴりっと効いていて、酒に合う!生肉好きにはたまらないです。

1つのお肉が大きいから食べごたえもあります。

生きててよかったー!!(´;ω;`)

img_0445

お次は、「しいたけのおろし揚げ出し」。

食べてみると、肉厚なしいたけと出汁が絡み合って、えも言われぬ上品さ…。

少しだけ乗っている、もみじおろしがぴりりと舌に効いてうまいです。

img_0446

食べ進めていると、親父さんがまたも「大根おろし、いっぱいある方が美味しいよね」と、言いつつ厨房から手を伸ばして足してくれます。

しかもみょうがまで!

薬味大好きなので、たまらなく嬉しいです(●´ω`●)

出汁も全部啜り喰らいました!!

普通の居酒屋って、結構大味のものばかりだと思うんですが、すごく繊細。

高級料亭で出されてそうな、線の細い旨さでした。

img_0448

お次は、「海老の煎り出し」です。

うおおお、めっちゃいい香りがします!!

海老の香ばしさが鼻孔をくすぐります。早く食べたい!

出汁は先程のしいたけの料理と同じかな?甘めの出汁ですね。天かすともみじおろしが綺麗です。

海老を噛むと、「ぷりっ!」と音がするくらいしっかり噛みごたえがあります。

身が詰まってるんですね。

噛むほどに甘みと旨みがじゅわじゅわ出てきます。

img_0449

満面の笑みで咀嚼していたら、またしても親父さんが「もっと美味しく食べさせてあげるね〜」と、海老のみそを足してくれました。

親父さん…ずるいやん、そんなん絶対うまいやん…(´;ω;`)

絡めて食べると、みそがめちゃくちゃ濃厚で美味い!!

親父さんの言うとおり、みそつけて食べた方が100倍美味いです。昇天しそうになります。

img_0451

お供のレモンサワーも、レモンの香りがしっかり効きつつ、さっぱりした飲み口で美味でした。

料理の味が楽しめるようにか、甘さはかなり控えめ。

「純ハイ」という印刷が、何とも昭和レトロな雰囲気を醸し出してますね。

img_0452

そして最後は、「牡蠣の能代煮」!

img_0453

能代煮って食べたことがないので、楽しみです。

うわっ!!真っ黒!?Σ(゚Д゚)

海苔で牡蠣を似た料理だそうです。知らなかった。磯の香りがふわりと立ち昇ってきます。

img_0454

れんげですくってみると、巨大な牡蠣たちがぷりんぷりんと顔を出します。

い、一体いくつ入ってるんだ!?

数えてみたら、全部で6個も入ってました。しかも1つ1つがかなり大きめ!

普通サイズの1.5倍くらいありそう。太っ腹すぎるぜ親父さん…。

img_0455

牡蠣は1つ1つに海苔の香りがついていて、まるで海を食べているみたいでした。

口の中が壮大に…。うっとりです。

img_0457

 

賑わう店内とおいしい料理に、親父の人情をじんわり実感

img_0463

親父さんが厨房からひょいっと手を伸ばして、薬味やら何やらを追加してくれたのが面白い経験でした。

途中から申し訳なくなるくらい…(^_^;)

店を出る時には「美味しかった?腕によりをかけるから、また来てね!」と不器用に笑ってくれて、こういう親父さんの細やかな心遣いがお客さんを引き寄せるんだなあとしみじみ感じ入りました。

料理1つ1つにも、親父さんが料理にかける愛情がしっかりこもっていて、どれも美味しかったです。

お値段以上の逸品ばかり。

親父さんとのやり取りがプライスレスなお店なので、皆さんも「久昇(きゅうしょう)」に行かれるときはカウンター席をおすすめします。

ぜひ足を運んでみてくださいね!(*‘ω‘ *)

 

matome2