うつ病無職のひとりごと:社会に出るのが怖い、競争させられるのが辛い

みんな、なんで毎週5日も同じ時間に起きて働いているんだろう?働けるんだろう?

就活サイトに登録した段階で、私はもう何もやりたくなくなっています。

みんな、どうして働けるの?

私も昔は会社員だったはずなのに

私も昔は会社員でした。毎日満員電車に揺られて、会社で上司に怒られるのが普通の日々だと思っていました。

会社を辞めてからはアフィリエイトを始めて、1人で仕事ができるようになってすごく気が楽で、楽しくてたまりませんでした。

でもうつ病の病状がひどくなるとサイトを更新できず、寝たきりの日々でした。売り上げはどんどん下がり、雀の涙ほどに…。

今、私は再就職をしようと考えていますが、毎日同じ時間に起きて仕事をして…という日々が苦痛でなりません。

スポンサーリンク

 

 

ひとりで仕事をする責任と自由

ひとりで仕事をするのは本当に楽しいです。何をしてもしなくても、自分の自由です。

でも、同じだけ責任があります。そして、私は病を治しながら一人で仕事をやりくりするだけの体力がなかった…。

スポンサーリンク

 

 

社会で競争させられるのが怖い

私は競争させられているという事実だけで疲弊します。

絵を描くとか文章を書くということはとても楽しいし、それで誰かと戦うのは別に大変だとは思いません。

でも、会社に入るまでと、入ってからは違います。会社に入るまでは就活でいろんな企業に落とされて落とされて…落とされまくるし、会社に入ってからは人間関係で心がすり減ります。

絵や文章を書いて生きていきたいな。誰かを蹴落としたり馬鹿にしたりされたりして過ごすのは辛いです。

 

苦しみの中にいる

転職サイトには登録したし、毎日のようにサイトの担当者から連絡がかかってくる今、自分がいろんな人に値踏みをされているという感覚があってすごくしんどいです。

絵や文章を書いて生活したい、でもどうやって生計を立てていけばいいのかわからない…。

泣きたいのに、泣けない。焦りと不安と、何をどうしたらいいのかという思いでぐちゃぐちゃです。

自分に素直に生きたい。地に足をつけて生活したい。華やかさや栄光は求めないから、絵と文章を書いてひとり生活していきたいです。苦しい。