泣いて呆然とする日々

涙が止まりません。

母がいないと不安でたまらない

母の外出中は、不安がすさまじいです。

泣いて、泣き疲れたら呆然として、吐いて…食べ物を食べていないので、胃液しか出ないのですが、その繰り返しです。地獄です。

母があと○分で帰る、と思うと少し落ち着きます。

今はそんな状況でこの記事を書いています。

スポンサーリンク

 

 

食事がまた食べられなくなった

昨日の晩は食べられたのですが、今日は全く食欲がないです。

食べてみたけれど吐きました。

母が作ってくれたものを吐くのが申し訳なくて、吐きたくないと泣きながらえづいて、水や胃液がたくさん出ました。

ちゃんと食べたかった、ごめんなさいと泣いたら、母が「そんなこと気にしなくていいんだよ」と泣いていました。

スポンサーリンク

 

 

ずっと死にたい

今すぐ楽になりたい、死んだらこの苦しみはないんだと、この1週間ほどずっとその気持ちと闘っていて、疲れきってしまいました。

死にたい。助けてほしい。愛犬のところへ行きたい。こんなつらい人生を生きていたくない。

愛犬がなくなった場所にうずくまって、ずっと泣いていました。涙が床に染み込んで、変色していました。

ただ大好きな人たちと生きていくのに、どうして傷つけたり傷つけられなくてはいけないのか。私は好きなものを大事に愛して生きていきたいだけなのに。

苦しくて苦しくて、涙が止まりません。