【図書館でノマド】国立国会図書館はノマドワーカーにおすすめ。都内3大図書館の設備を比較。

こんにちは。ノマドスペースを探して三千里、私です。

都内ノマドワーカーの悩みは、格安の、電源と無料Wi-Fi完備スペースが少ないこと。

電源と無料Wi-Fiを「安く」そして「長時間」使えるスペースが知りたい!

そこで、今回は東京都内にある3大図書館のノマド環境を比較してみました。

スポンサーリンク

国立国会図書館・日比谷図書文化館・月島図書館を比較!

全国に広まる、図書館のノマドスペース化。東京都内でも特にノマド環境が良い「3大図書館」を比較しました。

国立国会図書館

国内で出版されたすべての出版物を収集・保存する日本唯一の図書館です。

電源利用

電源数が100以上あるので、いつ行っても確実に使えます。時間制限はありません。

「電源設備の充実さ」で国立国会図書館を超える場所は日本にありません!

Wi-Fi利用

途中で切れることなどなく、安定して使えます。Wi-Fi速度も問題ありません。

WiFi速度(国立国会図書館)

Wi-Fiを利用するパスワードは、本館一階のインフォメーションセンターで個別にもらいます。

本館インフォメーションセンターの場所

MAC機器番号を確認するなど、登録手続きは面倒ですが一度設定すれば半永久的に利用可能です。

特徴

図書館の利用手続き、Wi-Fiの利用登録手続きがやや複雑

また、館内全面飲食禁止、B5判以上の大きさの不透明な袋物の持ち込み禁止、イヤホンの利用禁止・・など禁止事項が多いです

窓が少なくて風通しが悪いのも、マイナスポイントかな。

   国立国会図書館のレビュー詳細はこちら  

スポンサーリンク

日比谷図書文化館

「千代田区立四番町歴史民俗資料館」を改装して作られた図書館。

ビジネス支援やアート情報支援に力を入れています。図書館内では、常に展示会を開催しています。

電源利用

電源数は16口ほどと少なく、平日でも混雑しています。(有料で使える電源席は空いています)

2時間制で、1日3回まで利用可能です。

予約を延長する場合は、予約時間の5分前には延長申請しなければいけません。

予約は司書さんにしてもらいます。連続して同じ席を予約できるかは運次第です。

Wi-Fi利用

館内どこででも使えるとの触れ込みですが、Wi-Fi利用者が多いと、繋がらないことが多いです。

入り口(カウンター)に近い側の席だと、比較的繋がりやすいですよ。

電源席が全て埋まっている状況だと、Wi-Fiは使えないと思ったほうがいいです。

実際、自分はWi-Fi接続できませんでした。

特徴

ふたの付いた飲み物は持ち込み可能です。

図書館の電源席よりも一階にある電源カフェのほうが、空いているのでオススメです。

コーヒー1杯300円程度で、時間制限なく使えます。

   日比谷図書文化館のレビュー詳細はこちら

スポンサーリンク

月島図書館

暮らしに役立つ実用書を主に所蔵している、地域密着型の図書館です。

「MONJA(もんじゃ)」という図書館だよりを年2回発行しています。

電源利用

電源数は25口ほどと少ないので、混雑時は予約が困難です。

電源席の予約は自分で行います。

1時間制で、1日最大4時間まで利用可能です。連続して同じ席を予約することができます。

Wi-Fi利用

「Tsukishima-Library」に接続すればすぐに使えます。パスワードも不要です。

登録手続きは不要です。Wi-Fi速度はやや遅めですが、十分利用できます。

ただ、繋がる端末と繋がらない端末があります。

繋がらない場合は、各電源席に説明書が置いてあるので参照しましょう。

特徴

ふたの付いた飲み物は持ち込み可能です。

近隣の中学生の自習場所になるため、平日17:00以降は急激に混み合います。

Wi-Fiが意外と使えない!そんな時のために、モバイルWiFiは重要。

ノマド環境の整った図書館のポイントは2つ。

  • 電源やWi-Fiを使うのに、面倒な手続きがあるか
  • 確実に電源やWi-Fiは使えるか

また、手続きの複雑さと設備利用の確実さの、バランスも重要です。

 

  • 長時間作業したいなら、国立国会図書館がおすすめ
  • 時間を区切って作業するなら、日比谷図書文化館・月島図書館もGOOD
  • 国立国会図書館は、禁止事項が多いので要注意