【海外用wi-fiルーターレンタル】「グローバルWiFi」をタイで13日間使ってみた。

こんにちは、namakerie(@nashiko55555)です。

先日2週間、タイのチェンマイを旅行してきました。

チェンマイは空港も街も無料WiFiで溢れているので、モバイルWiFiは必要ないと聞いていたんですが…とはいえ、一人旅では何が起きるか分かりません。

念のため、日本からモバイルWiFiを持っていくことにしました!

今回は、初めてレンタルした海外Wi-Fiルーター「グローバルWiFi」の料金や使い心地をレポートします。

パケ代で爆死したくない!数十万円も請求されたらどうしよう…。

日本から持参したWi-Fi

海外に行っても、携帯電話は手放せませんよね。地図で行きたい場所を検索したり、LINEや電話をしたり・・むしろ国内にいるときよりも、よく使うかもしれません。

でも、海外でいつも通り携帯を使っていると、「帰国したら、携帯代金として78万円を請求された」なんてことになっちゃうんです・・!

これだけは避けたいですよね。

というわけで、今回は海外で使えるWi-Fiルーター「グローバルWiFi」を14日間レンタルしてみました!

今回は、タイ用のWi-Fiルーターをレンタルしました。地域や期間によって、仕様や値段は異なります。

スポンサーリンク

成田空港にて受け取り

受取方法は、①宅急便、②搭乗前に国内の各地空港、③現地、と3種類から選べます。

私は受け取り場所を成田空港にしたんですが、第一ターミナル内でも、北ウィングか南ウィングかを選べるみたいです。
Wi-Fi会社の位置2

南ウィングの受け取り場所はここ。

Wi-Fi会社の位置

当日迷ったので、もうちょっと詳しいアクセス方法を紹介します。

Wi-Fi会社の位置3

出発口のすぐ横にある旅行保険のコーナーの・・・

Wi-Fi会社の位置4

奥にありました!

Wi-Fi会社の位置5 Wi-Fi会社の位置6

スポンサーリンク

いざ、WiFiルーターセットを開封!

さて、空港で受け取ったWi-Fiルーターセットを開封してみます!

日本から持参したWi-Fi説明書7 日本のレンタルルーターに入ってたもの3

変換プラグ、ルーター本体、USBケーブル、プラグが入っていました。

あとは、これに説明書が入ってます。

IMG_5425

こちらが海外用のWiFiルーター(タイ用)です。

ここで一つ注意です。渡航先以外の地域で絶対に電源を入れないでください。

日本国内など、渡航先以外の地域で電源を入れると、高額な通信料金が発生します!

ルーター本体を持ってみると・・・

IMG_5426

厚さはiPhone5Sの1.5倍くらいかな。

IMG_5425

手のひらサイズです。重さも大きさも、コンパクトですね。

おもて面にある「[wp-svg-icons icon=”switch” wrap=”i”]」←コレが電源です。

長押しすると電源が入ります。国内では押しちゃだめですよ!!(高額料金が発生しちゃうので)

電源を入れると最初に「HUAWEI」の文字が出てきて

日本から持参したWi-Fi2

しばらく待つと、Wi-FiがONになります。

OFFにするときは、電源を長押しすればOKです。
日本から持参したWi-Fiルーター本体は、Wi-FiのON/OFFでしか使いません。

あとは、ルーターに書かれたSSIDにアクセスし、パスワードを入力するだけで接続できます[wp-svg-icons icon=”grin” wrap=”i”]

もちろん、iPadやAndroidなどのタブレット端末、Macなどのパソコン機器も接続できます。

Apple製品を使っている人は、渡航前に設定しよう!(渡航後でも大丈夫だったけど要注意)

しかし、Wi-Fiにも通信制限があります。

使いすぎるといきなり通信が遮断されるので、無駄な通信をしないよう渡航前に設定しましょう。

設定方法は、ルーターと一緒に同封されています。

日本から持参したWi-Fi説明書6

日本から持参したWi-Fi説明書5

実際に設定したのは、この3つです。

  • アプリの自動ダウンロードを全て「オフ」にする
  • アプリのバックグラウンド更新を「オフ」にする
  • iCloud Drive、写真、バックアップを全て「オフ」にする

ただ、私はタイに着いてから設定しましたが、通信費が別途高くつくということはなかったです。

タイへ向かう機内でも設定できるので、安心してください。

チェンマイにはカフェやホテルの公共Wi-Fiが多くあるので、14日間繋いでTwitterやInstagramなどのSNSや、WEB閲覧をしても制限にはかかりませんでした。

IMG_6715

成田空港に戻ってからは、第一ターミナルに一式を入れれば良いだけでした。

特に書類なども書かなくていいので、楽ちん〜。

気になる料金は?

さて、気になるレンタル料金ですが、今回はタイ用のWi-Fiルーター(3G):13日間×1台で6,240円。

タイは通常870円/日ですが、キャンペーン期間だったので670円/日でした。

ルーターWi-Fiの料金表

1日670円は一見高く感じますよね。でも、海外でも使えるレンタルWi-Fiルーターでは、グローバルWIFiが業界最安なんです。

価格.com経由で申し込むとさらに割引されて530円/日になります。

スクリーンショット 2016-02-27 16.15.09

複数人でシェアするなら3G大容量プランがおすすめ

スクリーンショット 2016-02-27 16.04.50

今回はひとり旅だったので3Gプランにしましたが、複数人で旅行するなら3G大容量プランがいいです。

ちなみに、出張や短期留学などで1ヶ月以上、海外に滞在される方は「レンタル長期プラン」を選んだほうがお得です。

例えば、アメリカだと970円/日なので1ヶ月で29,100円ですが、長期プランを使うと15,000円と48%ほど安くなります。めっちゃお得です。

メジャーな国はだいたい、長期割引の対象国になっているのでチェックすべし!

matome2

使用してみての感想は、めいいっぱい使ってもかなりバッテリーに余裕があったということです。

日本国内のWi-Fiは、深夜になると速度が遅くなったり、途中で接続が切れたりしますが・・・速度もまったく不自由なくiPhoneを使えました[wp-svg-icons icon=”grin” wrap=”i”]

時間に左右されずに、いつでもWi-Fiを使えるのがいいですね〜

今回はじめて海外対応のWiFiルーターをレンタルしましたが、とても便利で使いやすかったです。

世界200以上の国と地域に対応しているので、また海外に行く際は利用したいと思います。