トラベルライターの時給は、250円です。|ライターに必要な資質とは

こんにちは。元外資系銀行員、今は貧乏トラベルライターの私です。

皆さんは、月にいくら稼いでいますか。フリーランスのライターの平均月収は20〜25万円程度だといわれています。

ライターへの夢を諦める理由の多くは、年収の低さです。でも、稼げないとなぜ駄目なんでしょうか。

今回は、旅行に特化した記事を作成する「トラベルライター」の体験談と資質についてご紹介します。

スポンサーリンク

トラベルライターの時給は、250円です。

筆者は、月に約90本(1本1,000〜2,000字)の記事を書いています。

1本の記事を書くのに、推敲の時間も合わせると2〜2.5時間はかかります。集中して文章を書くので、1日に書ける本数は最大で3本です。

毎日休まず3本ずつ書いて、1ヶ月で90本。

1本の記事単価は、たった500円(税込)です。つまり、月給は45,000円(税込)。安いですよね。

時給換算すると、250円/時です。

ブラックな居酒屋のアルバイトでも、この3〜4倍はもらっているでしょう。

でも、これがトラベルライターの平均的な時給です。

ノマドワーカーの安藤美冬さんやパワートラベラーの阪口裕樹さんに憧れてトラベルライターを目指しても、ほとんどの人が断念するでしょう。

あまりにも月給が安すぎるからです。

スポンサーリンク

「稼げてない」と言うと、色んな人から罵られる

トラベルライターになってから、初めて真剣に悩んだことがあります。

それは「お金が稼げない人に、生きる価値はないのか」ということです。

初対面の人に職業を聞かれ、トラベルライターですと自己紹介すると「食べていけるくらい稼いでるの?」と必ず聞かれます。

「稼げてないです。実家で親に食べさせてもらってます。」と正直に答えようもんなら、「恥知らず」「親不孝者」「親のすねかじり」「世間知らず」「寄生虫」と罵詈雑言があちこちから飛んできます。

スポンサーリンク

「稼げ」という人は、優越感にひたるためのエサを探しているだけ

「稼げ」「全然稼げないのに、やる価値あるの?」「稼げない人に価値はない」…稼げないことって、なぜそんなに非難されるんでしょうか。

私の両親も私も、私の月収が低いからといって何も困っていません。

私は大好きな旅行の記事を書いて、単価が上がるように努力していて、両親は、実家に寄りつかなかった娘がずっといてくれて嬉しい。

親子共にWin-Winな関係なのに、なぜか外野はあーだこーだ言って「あなたはもっと経済的に自立すべきだ」とか説教をしてくるんですね。余計なお世話ってもんです。

稼げない人は、「稼げ」と説教してくる人にとって「自分はこいつより優っている!という優越感に浸るためのエサ」以外のなにものでもないんです。

稼げてない人の経済環境とか「別にお金に困ってない」という状況は、説教してくる人にとってはどうでもいいんです。自分が気持よくなるためのエサでいてさえくれればいいから。

ライターを目指す人に一番重要なのは、「聞き流す力」

結局何が言いたいのかというと、ライターは「稼げない職業」であることは間違いないのです。

だから、「お金を稼いでいる人しか、生きる価値がない」という主義のひとたちからの罵倒を聞き流す力を養うのが一番重要だ、ということです。

お金があると、いろんな面で自由になれます。

精神的にも、経済的にも、自分の好きなことが好きな時にできます。だから、お金は重要です。

でも、どんな敏腕ライターでも、文章を書き始めたその日から月収40万とか50万とかは稼げません。

なので、ライターを目指す人に一番重要なのは「他人の言うことを聞き流す力」なのです。

 

matome2
  • 「稼げない人=社会的弱者」と考えている人が多く、いじめられやすい。ライターは格好の的。
  • ライターに一番重要な資質は、「聞き流す力」

lancersやcrowd worksなどのクラウドソーシングサイトでは、1記事単価は100〜500円(1文字0.1〜0.5円程度)の案件しか募集されていません。

しかし、トラベルライター専門の求人サイト「SAGOJO(サゴジョー)」では1記事3,000〜5,000円と高単価な案件が多く募集されています。

実際に使ってみた感想は「実際どうなの?旅行ライターの求人サイト「SAGOJO(サゴジョー)」を使ってみた感想」で紹介しているので、旅行をテーマに記事作成や動画編集で収入を稼ぎたい方はぜひ見てみてください。

仕事を依頼する企業担当者の顔やコメントが書かれているのでモチベーションも上がるし、大手企業との案件も多いので、名前を売り込むきっかけになりますよ。