2週間かけて仕込まれた絶品ビーフシチュー!昔ながらの鎌倉グルメなら「CARO(カロ)」がおすすめ

こんにちは。長谷駅周辺を散策中、私(@namakerie)です。

寒い冬の日って、美味しいビーフシチューが食べたくなりませんか?

じっくり煮込まれたドミグラスソースに、ごろりと大きな牛肉、色とりどりの野菜たち。

想像するだけでヨダレが止まりません!

誰か今すぐできたてのビーフシチューを持ってまいれ!!(´゚д゚`)

ということで今回は、2週間以上かけて仕込まれたビーフシチューが味わえる老舗洋食店「CARO(カロ)」をご紹介します。

スポンサーリンク

「CARO(カロ)」は、長谷駅から徒歩3分。老舗の雰囲気たっぷりの外観

おしるこプリンが食べられる「鎌倉いとこ」は、長谷駅から徒歩3分の場所にあります。

長谷駅を出て左折、突き当りを右折してすぐのところにある「サイトウビル」の1階ですね。

img_1695

まるでジブリに出てきそうな、雰囲気ある外観です。

1979年(昭和54年)オープンだそうで、来年で38年目を迎えます。

img_1696

長谷付近の外食店は、鎌倉の大仏さんが近いのでどこも入れ替わりが激しいです。

観光客向けの派手で今風のお店でないと、すぐに潰れてしまうんです。

でも、CARO(カロ)は違う!

こだわりの料理を丁寧に、実直に作り続けることで、観光客にも地元の人にも愛されるお店を作ってきたんです。

浪漫がありますよね。

img_1698

では、長谷が誇る老舗洋食店「CARO(カロ)」に早速、入店してみましょう。

スポンサーリンク

店内は昭和レトロ感たっぷり。アットホームな雰囲気もいい。

img_1705

店内に入ると、飴色に磨き込まれたカウンターがすぐ目に入ります。

そろそろ開業してから40年という長い時間が、このカウンター一席一席に染み付いているんでしょうね。美しいです。

カウンターは5席くらいかな。

地元の方が、料理のアシストをされているおばさまと、ずっと話し込んでいらっしゃいました。

img_1706

テーブル席は、4人掛けが4組ありました。

クリーム色のレースのテーブルクロスがどこか郷愁を感じさせますね。

真っ白じゃないところが、年季を感じさせて好きです。地元の洋食屋にも、こういうテーブルクロスあったなあ。昔懐かしい。

スポンサーリンク

メニューは、定番と季節限定の2種類がある

メニューは、定番のものと季節限定の2種類がありました。

季節限定メニューは牡蠣づくし!

1個からでも注文できるというのが、心憎い!少食な方も楽しめますね。ありがたい。

img_1701

お次は、定番メニューです。

まずは前菜。

img_1702

そして、主菜です。

img_1703

最後は、ドリンクメニュー。お酒もソフトドリンクも、意外と種類がありますね。

img_1704

一番人気のビーフシチューは、2週間以上かけて仕込まれる

私のお目当ては、2週間以上かけて仕込まれるドミグラスソース。それを使って作られるビーフシチューです!

牛肉は4時間以上煮込まれてトロトロらしく、それはもう絶品なのだとか。

早速、ビーフシチューS(1,500円)を注文します。

img_1708

来ました!

ぐつぐつ煮えたぎっていて、とても熱そうだ‥湯気でメガネが曇ります(´゚д゚`)

湯気とともに立ち昇る、濃厚なドミグラスソースの香りだけでおいしいことが分かります!

不思議に、ちょっとカレーのようなスパイシーな香りもします。隠し味に入れているんだろうか?

うお〜!これは少し冷めるのを待っている場合じゃない!!

意を決して、まずは牛肉から。

img_1709

ほどよく脂がのった牛肉は、大きなさじのスプーンにいっぱいいっぱいです。

めちゃくちゃ大きく切ってある!これは食べごたえがありそうです。

口の中に入れると、肉がするっと溶ける‥超柔らかいです。

脂身が結構多いので「くどいかな」と思ったんですが、意外とそこまでギトギトしてません。脂があまくて、美味しい!

野菜はあまりなく、ほぼ肉ですwww

これは肉好き歓喜!

入っている野菜は、人参・いんげん・じゃがいも・マッシュルーム・きしめん(?)です。

人参はかなり甘い!グラッセを食べてるみたいです。そして、口に入れるととろっとほどける。魔法みたいです。

いんげんはしゃくしゃくとした歯ごたえが最高!でも、味はしっかりしみてます。

じゃがいもは小さめですが、ホクホクしていて、デミグラスソースもちょうどよくしみてました。

img_1710

きしめん(?)は、ほんの少しだけ入っていたんですが、もちもちシコシコして美味しい!シメを食べてるみたいでしたw

ドミグラスソースだけを食べると、ふわりと赤ワインの香り。フォンドボーの旨味がぶわっと口の中に押し寄せます。

肉と野菜の旨みがしっかり濃くでているのに、あっさりさっぱりした後味。

量が多そうに見えるのに、どんどんいけちゃいます。

img_1711

鎌倉で昔ながらの洋食が食べたくなったら、CAROへ行こう

img_1712

鎌倉といえば、由比ヶ浜から続く海岸。

海風に吹かれて寒くなったら、ぜひ海岸沿いの「CARO(カロ)」でビーフシチューはいかがでしょうか。

コクと旨みのしっかり効いたドミグラスソースと、甘い脂のトロトロ牛肉があなたを虜にするはずです!

 matome2

ではまた!(提供:エリログ(@namakerie)Follow @namakerie 

次回予告 「鎌倉グルメ旅、まだまだ続くよ〜!!(*‘ω‘ *)」

//