チェンマイで最も有名なノマドスペースMAYAの「CAMP」へ行ってきた。

こんにちは。タイでノマド生活中の私です。

タイのチェンマイは、世界でデジタルノマドが最も暮らしやすい街(Nomadlist 調べ)だと言われており、海外ノマドに大人気の街です。

この街でノマドに一番人気のコワーキングスペースといえば、「CAMP(キャンプ)」

今回は、タイ・チェンマイにあるコワーキングスペース「CAMP(キャンプ)」の設備情報や雰囲気をご紹介します。

スポンサーリンク

ノマドが気になる、3つのチェックポイント

ノマドが作業場を探すとき、この3点は気になりますよね。

  • 長時間、作業できるか
  • 居心地はいいか
  • 飲食類のコスパはいいか

では、それぞれの項目についてチェックしていきましょう。

1日中いる人がほとんど。のんびりくつろいで作業できる。

電源設備の充実度は、抜群

パソコンのバッテリーを気にしながら作業するのは、面倒ですよね。CAMPの電源設備は、1席に1口電源があります。

電源席

電源は各席1口ある

タイのコンセントはAタイプ(日本と同じ)ですが、変換プラグは必要です。

もし変換プラグを忘れても、MAYA(メイヤー)3階に60バーツ(約180円)均一のダイソーがあるので、そこで購入できるのでご安心を。

MAYA3階にDAISO発見!(60B均一)

店内の雰囲気は日本のダイソーと同じ

CAMP内の席数は100席程度で、常に5割程度が埋まっています。外国人がほとんどで、現地の若い男女が宿題をしに来ているのをちらほら見かけました。

満席になることはほとんどないので、電源は確実に確保できますよ。

店内の混雑具合

利用者の半分以上は外国人

Wi-Fiの制限時間は、50バーツで2時間

Wi-Fiはこのように、50バーツの注文で1組の「user name」と「password」がもらえます。

CAMPのWi-Fiとパスワード

左下がCAMPのWi-Fiパスワード

Wi-Fiは、1組の「user name」と「password」毎に2時間利用可能です。

わたしは65バーツのボイルドチキンを頼んだので、1組もらえました★

長時間作業していると、近くのノマドワーカーが「このpasswordいる?」と声をかけてくれたりします。ひとりで黙々と作業しつつも、仲間と話せるのは楽しいですね。

近くのお兄さんがくれた

隣席のお兄さんがくれた。ありがたい。

時間を気にせず使いたい人は、現地SIMを買うorモバイルWiFiを使おう

ただ、「2時間」って制限がうっとおしいですよね。

時間を気にせず使いたい方は、AIS(チェンマイ最大の携帯会社)のSIMを購入しましょう。MAYAには常にAISのフリーWi-Fiが飛んでいるので、CAMPのWi-Fiのように時間制限はありません。

しかも、AISのフリーWi-FiはMAYA内だけでなく、街中のカフェにもよく飛んでいます。

「AIS」というシールが貼られたお店では、AISのフリーWi-Fiが使えますよ。

スクリーンショット 2016-02-26 18.04.06

「AISwifi」がAISのフリーWi-Fi

AISはMAYAの3階に入っているので、快適にWi-Fiを使いたいなら買っちゃいましょう。

わたしは日本からモバイルWi-Fi(グローバルWiFi)をレンタルしていたので、買いませんでした。

見回してみると、自分のモバイルWiFiを使って何時間もCAMPに居座っている人が結構多かったですΣ(´∀`;)

カフェ内はクーラーは効いているし清潔、飽きたら映画館や食事コーナーに行けばいいので、CAMPは作業するにはもってこいの場所なんですよね。モバイルWiFiさえあれば最強の環境です。

私も途中からモバイルWiFi(グローバルWiFi)を使って作業しちゃってました。えへ。

2時間という制限なくインターネットを使いたい人には、サクサク高速で使えて便利だったので、おすすめですよ。

スポンサーリンク

居心地の良さも、言うことなし!

Wi-Fiの速度は、測定不能…でも、問題なく使えた

測定不能ー!なんでやー!!(;△;)

Wi-Fi速度測定不能

Wi-Fi速度は測定不能

測定不能でしたが、普通に使えます。しかもストレスなくサクサク使えます。

店内の雰囲気は、清潔で広くてきれい

とてもきれいだし、清潔で広いです。いろんな席の形状があるので、楽しみながら作業ができます。

あぐらをかいて作業もできるし、寝っ転がりながらでも。まるでGoogleのオフィスみたいです。

しかも、写真の奥にあるドアを開くとテラスまであります。何とも優雅。

CAMPの中(あぐらかける)

寝そべったりあぐらをかいたりできる

AISのSIMを持っている人は、「AIS Hi-Speed Meeting Room」なる場所で高速Wi-Fi繋げて作業もできます。

席は10つあるんですが、電源が2口しかありません…なぜ…。電源は早い者勝ちですね。

AISルーム2

利用者はあまりいなかった

スポンサーリンク

飲食類のコスパは悪い。高い!

CAMPのような「カフェ型コワーキングスペース」で最も注意したいのが、飲食類のコスパです。

日本の場合、コーヒー1杯300円程度〜が平均価格ですが、CAMPは最安値がコーヒー65バーツ(約195円)。

一見安そうですが、タイでは500mlのドリンクが20〜25バーツ、食事でも30〜40バーツが相場です。そう考えると、CAMPのドリンクはかなりお高いですよね。

CAMPメニューの値段

メニューはカウンターの黒板に書かれている

食事はボイルチキンを頼んだんですが、こんな感じです。

肉は全然ついてないし、女性の小指の太さくらいしかない!ひどい!あえて言うなら味はジューシーで美味しいけど、ボリュームは全くなくてがっかりです(´・ω・`)

CAMPの食事(60B)

チキンが小さくて満腹にならない

CAMPは長居してる人が多くて、みんな2〜6時間はいます。平均で1人3品くらい頼むんじゃないかな。ただ、

タイの相場だと65バーツ×3品=195バーツあれば、ボリューム満点の食事が4〜5食は食べられます。1時間のタイマッサージが1回受けられます。(マッサージは、150バーツ/時間が相場)

タイの相場感覚は街を歩くと分かるのですが、CAMPはかなり高級志向です。

これが普通じゃないので、ご注意ください。

要注意!ご飯の受取方法がわかりにくいぞ

地味に「ご飯類の受取方法」がわかりにくいので、よければ参考にしてみてくださいね。

左上の「F – 0171」は、オーダー番号です。

CAMPのWi-Fiとパスワード

左上がオーダー番号を書いた紙

レシートと一緒に渡されるんですが、この番号がオーダーと同時に、壁の電光掲示板に表示されます。

電光掲示板は、入り口すぐ左の壁にあります。

そして、食事ができたら電光掲示板から数字が消されるので、取りにいきます。

オーダー番号の書かれた紙は絶対捨てちゃダメです。これと引き換えに食事が渡されるので、払い損にならないようにしましょう。

 

matome2
  • 超キレイなコワーキングスペース。静かなので安心・集中して作業ができる
  • 電源席数が多いので、電源が確実に確保できる
  • AISを入れていないと、Wi-Fiを使えるのは2時間と制限される
  • 飲食類のコスパが悪い(高い!)