合法で食える!大衆居酒屋「大鶴見食堂」の牛レバ刺が絶品すぎる

こんにちは。酒を飲むと、最低3軒ははしご酒します、私です。

2012年に「牛レバ刺し禁止」、2015年の6月には「豚レバ刺し禁止」となり、日本ではレバ刺しが食べられなくなりました。

日本中でレバ刺し好きが涙を飲みましたね。私もその1人です。

しかし、実は大衆居酒屋「お値段以上の大衆酒場 大鶴見食堂」では、合法で牛レバ刺しが食べられます!!

今回は、合法で牛レバ刺しが食べられる大衆居酒屋「お値段以上の大衆酒場 大鶴見食堂」をご紹介します。

スポンサーリンク

鶴見駅から徒歩3分!「朝挽きもつ」の誘い文句にうっとり。

大衆居酒屋「お値段以上の大衆酒場 大鶴見食堂」は、鶴見駅から徒歩3分のところにあります。

駅から進むと、夜の暗闇にかがやくネオンが見えてきます。

ありました!「朝挽きもつ」って誘い文句に、ついついヨダレがたれそうです(*´∀`*)

img_0160

スポンサーリンク

地下へ進むと、明るく広い店内が出現!清潔感があって入りやすい。

地下にかかっている大きな「大鶴見食堂」の提灯が、風情ありますよね。柔らかいオレンジの光が、懐かしさを感じさせます。

img_0161

提灯の置かれた角を右に曲がると、急に出てくる大看板!すごい迫力です。マットな黒地に金字が映えますね。凄みがあります。

img_0162

大看板の右手には、お見せの入り口が!明るめの木が使われているからか、大衆酒場にありがちな「薄暗さ」「入りにくさ」「汚さ」はないです。とにかく清潔感がある。

いざお店へ入ってみましょう。

img_0163

おおっ!入店してみると、更に明るい!そして、かなり広いです。入って目の前はこんな感じで、カウンター席がずらりと並んでいます。地元の方でいっぱいです。

img_0164

入り口入ってすぐ左手も、テーブル席やカウンター席がずらり。店内は全部で100席近くあるんじゃないでしょうか。

img_0166

店内の張り紙が、いい味を出しています。全部手書きのようで、字が達筆なので見ているだけでほほ〜っと感心してしまいます。書いてある内容も面白いです。

ちなみに、大鶴見食堂はもつが有名なんですが、もつ煮込みは持ち帰りできるようですね。家飲みのアテに最高じゃないかな。

img_0167

スポンサーリンク

朝挽きのレバテキともつ煮込み(白)がおすすめ!

席に置かれたメニューを見てみると、品数がかなり多い!でも今日は「レバ刺し」を食べにきたのです。「朝挽きレバテキ(数量限定)」を迷わず注文!

そして、店の名物であるもつ煮込み(白)を頼みました。

もつ煮込みは黒赤白と三種類あるんですが、黒は黒味噌、赤はトマト、白は白味噌で煮込んでいるのだそうです。

白味噌が一番食べやすいので、おすすめですよ。

img_0169

ほかにも、串やかわきもの、鍋、おでんなど種類豊富です。

img_0168

お酒もかなりの種類がありますよ。

名物のチンチロリンハイボールを飲み忘れたのが一生の不覚…。次に来店する際には必ず飲みたいです。

img_0170

ちなみに、裏面にも地酒がずらりと並びます。日本酒好きな方には堪らないだろうなあ。

img_0171

もつ煮(白)は、濃厚な白味噌の風味がたまらない!アテに最高

さて、もつ煮(白)が到着しました!ウーロン茶(150円←安っ!!)と、いただきます。

img_0173

入っているのは、もつと豆腐、こんにゃくの三種類。

豆腐はしっかり煮込まれているからか、ふんわりジューシーな肉の香りがします。箸でつつくと、ほろほろ崩れるので注意。

口に入れると、豆腐のから大豆の甘さがじんわり伝わってきます。もつの脂がちょうどよく回っていますね。

もつ自体は、ややクセがあります。朝挽きたてでも、やはり獣臭を完全に消すのは難しいんでしょうか。

白味噌の味の強さで、随分緩和されていました。お酒のアテには最高の濃さだと思います。

img_0174

真打ち・「朝挽き牛レバテキ」登場!!臭みゼロのぷりぷりな身

いよいよ待ちに待った、牛レバ刺しです!やったー!!!!(∩´∀`)∩ワーイ

店員さんからは「しっかり火を通して召し上がってくださいね」と注意されるのですが、皆さんそのまま食べるか、もしくは半生で食べています…。

手前の丸い鉄板でレバ刺しを焼くのですが、レバ刺しの赤身の、新鮮そうな美しさにしばしうっとり見惚れます。つやつやぷりぷり、絶対おいしいです。

レバ刺しの隣は、ごま油。これにつけて食べるんですね。にんにくもたっぷり添えてあります。

img_0177

とりあえず、鉄板でざっと焼いて食べてみます。じゅうっとレバーの焼ける音と立ち昇る香りに、お腹が鳴ります。いざ、実食…。

うま〜い!!( ;∀;)

ぷりぷりした歯ごたえがあるんですが、噛んでも全然臭みがない!本当に、全く臭くないんです。朝挽き立てだからこそでしょう。

一切れの中に牛の新鮮な旨みがぎゅっと詰め込まれていて、これを食べるためだけに鶴見に来る価値があります!!

26年間、食べログ3.6以上の焼き鳥屋ばかりを渡り歩いてきましたが、人生で食べたレバーの中で一番美味しいです。口の中に、感動の余韻が残ります。何皿食べても、飽きません。

img_0178

シメはあっさり。アサリと素麺のお吸い物で上品に

朝挽きレバテキを3皿平らげ、お腹いっぱいに。最後にシメが無料でついてきます。

アサリと素麺のお吸い物ですね。

上品な海鮮の香りが、湯気と一緒に立ち昇ってきます。しこたま肉類を食べた後に飲むあっさりしたスープは、何とも体に良い感じがしますね。浄化されていきます。

また「朝挽きレバテキ」を食べるためだけに来店したいです。ぜひ皆さんもいらしてみて下さいね!

img_0180

 

matome2