ライザップ式!食事の量が多すぎないかどうかを簡単に判断する方法

こんにちは、ライザップで減量中の私です。

健康的にダイエットをしたいなら、食事量を管理する方法を学ぶことは大事です。

誰もがうらやむ肉体を維持している芸能人たちがこぞって通う「ライザップ式 食事の大原則」を知っておけば、適切な食事量が簡単にわかります。

糖質制限ダイエットは、たった1つだけ厳守すればいい

AKB48の峯岸みなみさんや経済学者の森永卓郎さんが信頼を寄せるライザップのトレーナーたちは、ライザップでおすすめしている食事は特別なものではないと言います。

ライザップでは糖質を制限した食事をおすすめされますが、実は1つのことだけ気をつけていればいいんです。



1日のたんぱく質摂取量を、知りなさい

テレビでよく見る芸能人たちが体重を増やさないようにするために、ライザップのトレーナーたちは「あなたが1日で摂取すべきたんぱく質量を知りなさい」といいます。

1日に必要なタンパク質量は、以下の計算式で算出できます。

1日に必要なタンパク質量=(体重)×(体重1キロあたりに必要なたんぱく質量1〜1.5グラム)

減量したい場合は体重1キロあたりに必要なたんぱく質量を、1グラムに変更して計算してください。

例えば、体重60キロであれば、60〜90グラムを摂取する必要があります。



たんぱく質は、とり過ぎると脂肪になる

特に女性は、1度の食事で25グラム以上のたんぱく質を摂取すると、オーバーした分のたんぱく質はすべて脂肪として蓄積されます。

なので、たんぱく質は一度に摂取せず、何度かに分けて摂取しなくてはいけません。

たんぱく質は、 朝:昼:夜=3:5:2 を目安に食べましょう。

例えば、体重60キロであれば、朝食で18グラム・昼食で30グラム・夕食で12グラム摂取します。

たんぱく質を豊富に含む食材に海藻類や葉物野菜を加えれば、お通じもよくなりダイエットはよりはかどるでしょう。

 

matome2
  • ライザップ式「食事量チェック法」は、1日分のタンパク質量を知ること
  • 1度に食べると脂肪になるので、朝:昼:夜=3:5:2を目標に食べよう
  • 海藻類・葉物野菜も食べると、よりダイエット効果がアップする

「つい食べ過ぎてしまう」という方は、ぜひ試してみてください。