うつ病でやる気が出ない私を変えた、たった1つのシンプルな方法

こんにちは。うつ病と戦い続けて早2年、私です。

うつ病患者のほとんどは、いったんうつ病が回復しても、急に抑うつ状態に陥ることがあります。

抑うつ状態を何度も経験すると、患者自身が「そろそろ抑うつ状態になりそうだな」と分かるようになります。

でも、抑うつ状態になること自体を止めるのは、困難です。

なので、うつ病患者は、抑うつ状態から、自力で回復する方法を知っていると良いのです。

そこで今回は、私が実践している「抑うつ状態でやる気がなくなった時に実践している、たった1つの回復法」をご紹介します。

スポンサーリンク

うつ病患者のほとんどは、抑うつ状態・回復を何度も経験する

うつ病経験のない方や、うつ病を発症したばかりの方は、「うつ病は、回復したらそのまま一生元気でい続けられる」と思っているでしょう。

でも、これは間違いです。

うつ病は風邪などの病気とは違い、一旦回復したように見えても、何度もぶり返します。

私もうつ病を発症してから2年間、何度も抑うつ状態と回復を繰り返しました。

うつ病は、生育環境を原因として、長年積み重ねてきた自己否定によって起こります。

私の場合は、両親から「勉強ができない子は愛さない」としつけられました。

「あなたのため」教育虐待をうけた父と私の話。

2016.04.19

ありのままの自分を愛されなかったことを原因に、長年「私には、勉強以外に何も価値はない」と自己否定し続けてきた結果、うつ病を発症しました。

何十年間も自己否定した結果、うつ病は発症します。

なので、ウイルスを殺せば治る風邪のように、すぐには完治しないのです。

なので、うつ病患者は、人生をかけてゆっくり治療する心構えが必要です。

スポンサーリンク

うつ病歴が長いほど、抑うつ状態の予兆に気付きやすくなる

うつ病歴が長くなるほど、抑うつ状態と回復を何度も経験します。

だからこそ、「抑うつ状態に入りそうだな」と気付きやすくなるのです。

私自身は、同年代の人が活躍しているのをテレビや雑誌で見たりとか、前職の同期たちが楽しそうに遊んでいる写真をSNSで見たりすると、圧倒的な劣等感で抑うつ状態になります。

「そんなことで抑うつ状態になるのか」と呆れるかもしれませんが、私の場合はそうなのです。

自分が選ばなかった、選べなかった、輝かしい未来を謳歌している人を見ると、自分の人生なんてこの世に必要ないと思えてくるのです。

しかし、精神状態によっては、見ても平気なこともあるので、難しいのです。

スポンサーリンク

抑うつ状態に入ったら「筋トレをする」

そんな風に、急に抑うつ状態になってしまった時、私はいつも筋トレをしています。

うつ病治療で最も重要なのは、「セロトニンを不足させないこと」です。

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、十分に満ち足りていると、心身のバランスを安定した状態に保ってくれます。

逆にセロトニンが不足すると、うつ病や不眠症になるのです。

つまり、抑うつ状態=セロトニン不足の状態なのです。

セロトニンを増やすための方法は、30分〜1時間ほど日光を浴びる、人と会話するなどの方法がありますが、最も効率的なのが「筋トレをする」です。

抑うつ状態では、ベッドから出る気力も起きなくなります。

そうなると、新陳代謝が落ち、体内に老廃物が滞るので、体内の機能が全体的に低下します。

また、あれこれと考え込んでストレスも溜まるので、交感神経が優位になり、睡眠が浅くなります。

筋トレをすると、セロトニンの分泌量が増えます。

また、程よい肉体疲労のおかげで、深い睡眠をとることができます。新陳代謝も良くなります。

パーソナルトレーニングジムに予約し、筋トレするのがおすすめ

ただ、抑うつ状態に入ってから筋トレをしようと思っても、なかなか行動できないでしょう。

私自身は、「抑うつ状態に入りそうだな」と思ったら、パーソナルトレーニングをしてくれるジムに予約を入れることにしています。

ジムに行くために、自分を家から出して日光を浴びせ、強制的にトレーナーと話し、筋トレする機会を作っています。

セロトニンを増やす方法は、「パーソナルジムに行って筋トレをする」という行動で、全て網羅できるんです。

なので、1つ1つ方法を試すより、効率的です。

これをするようになってからは、私は大体1〜3日くらいで、抑うつ状態から回復できるようになりました。

とはいえ、どうしても人に会いたくなくて、キャンセルしてしまうこともあります。

そういう時は、家でYoutubeを見ながらスクワットをしたり、少しだけ腕立て伏せをしたりしています。

全くやらないよりはいいと思います。

それに、「自分は抑うつ状態から回復するために、努力した」と自分に胸を張れます。

もしあなたが、抑うつ状態で何もやる気が起きなくなったら、ぜひ試してみてください。

 

matome2
  • うつ病は、すぐに完治しない。抑うつ状態と回復を何度も繰り返す。
  • うつ病歴が長くなると、抑うつ状態になる予兆が分かるようになる。
  • やる気を起こすために、セロトニンを増やそう。パーソナルトレーニングジムで筋トレするのが、最も効率的にセロトニンを増やせるのでおすすめ。