転載、ダメ、ゼッタイ

当サイトに掲載されている文章や画像が転載されていないかの確認作業をしたんですが、TwitterやらInstagramやら、あらゆるSNSで多数使われていてげっそりしました。

「撮った人知らないけど載せます」って何だそれ

転載先を見てみると、9割方、10〜20代前半の方々に私の旅行中の写真などが転載されていました。

「これ撮った人知らないけど載せます」「誰のかは知らないけど、この場所こんな感じでした!」と、悪気なく?写真を転載する子たち…何言ってんだ?と本気で頭が痛くなりました。

当サイトでは引用(法に則った形での)ではなく転載をした方に対して、転載期間ごとに使用料をいただいていることを明示しているのですが、相手方はそれも理解できない様子。

「悪気はなかったんです」と哀れっぽく縋ってくる人、「ネットにあったんだから使っただけだし!みんなもやってんのに、なんで私だけお金払わなきゃいけないの!?」と逆ギレする人、「そういうのアフィリエイトって言うんでしょ?詐欺!犯罪者!運営に通報してやる!(本件はアフィリエイトではないし詐欺でもないし、著作権法違反をしている犯罪者はあなたの方です…と思いながら読んでいました)」とよく分からない理論展開をしてくる人…いろいろいらっしゃいました。

とはいえ、著作権侵害は立派な犯罪です。

こちらは穏便に済ませたくてメールで淡々とやりとりをするつもりでしたが、返信を無視されたり、罵倒でしか返事が返ってこないような話の通じない方に対しては、粛々と法的手段を取りますとお伝えしてきました。

スポンサーリンク

 

 

イライラが募る

法的にも相手が間違っているのは明白なのに、なぜこんな嫌な思いをしなくてはいけないのか…と、今日は朝から非常に不快でイライラしっぱなしでした。

抗うつ剤や抗不安剤を飲んでも気持ちはおさまらず、自傷したくてたまりません。

スポンサーリンク

 

 

転載使用料、値上げしようかな

きちんとした形で引用してくれるならともかく、転載されるのは我慢なりません。

使用料を値上げすれば転載の抑止力になるでしょうか…。

ウォーターマークはつけていてもこの有様ですからね…一体どうすればまだよいのやら。

とりあえず、当サイトの文章も画像も保存できないようにCSSをいじくっておきました。

それでもGoogle検索とかで出てきて保存、転載されてしまうのかなあ…。

頑張って作った画像や文章が勝手に使われるのは本当に悩ましいです。