怪談ライブバー「スリラーナイト」の怪談が怖すぎて、漏らしそうになった話

こんにちは。ディズニーランドのホーンテッドマンションで号泣したアラサー、私です。

怖い話は好きですか?怪談でゾッとしたり、ホラーで鳥肌が立つ感覚がたまらないと思いますか?

そんなあなたにおすすめなのが、六本木駅から徒歩5分の場所にある「怪談BAR スリラーナイト」。

怪談師(怪談専門の語りべ)が、珠玉の怖〜い話を披露してくれるバーです。話を盛り上げるために、バーのインテリアが動いたり細かい芸がしこんであるのもポイント。

今回は、六本木の「怪談BAR  スリラーナイト」に行ってきた体験談をレポートします!

怪談話が怖すぎて漏らしそうになった(by アラサー女)ことは内緒です。

スポンサーリンク

「怪談BAR スリラーナイト」は、六本木駅から徒歩5分

怪談BAR スリラーナイトは、六本木駅から徒歩5分の場所にあります。

ドン・キホーテ六本木店の、道を挟んでちょうど反対側ですね。

スポンサーリンク

雑居ビルの地下にあるのが不気味。入りたくない…

怪談BAR スリラーナイトは、古めの雑居ビルの地下1階にあります。

雑居ビル自体も、かなり古くて不気味な雰囲気です。怪談を下りると、突き当りすぐにありました!

料金は、飲み放題なら1人3,500円、60分なら2,500円です。

ちなみに、怪談自体は15分ですが、60分で1本のタイムスケジュールになっています。

延長もできますが、1本聞いたらもういいやってレベルの怖さですよ‥。

img_2281

これはもう終わっちゃったんですが、ここで怪談を話している怪談師の方は、定期的に独演会を行われているのだそう。30名限定、完全予約制で2時間しゃべりっぱなしという、長丁場。

笑いあり涙ありの、おもしろ独演会だそうです。全部怪談なんですけどね。お客さんに聞いてみると、かなり面白いそうなので次回は行ってみたいなあ。

img_2283

スポンサーリンク

骸骨や洋風の人形たちが飾られた店内

いよいよ入店してみます。赤紫の店内がムーディー。

img_2284

入って右手に進むと、店内です。既にドクロとか店内の小物がちらちら見えてますね。

img_2285

店の中央には、大きなソファー席があります。

img_2286

店に入って左手には、バーカウンターと一段高いソファー席が2セット。バーカウンターの赤い間接照明が、なんともホラーな雰囲気です。

img_2288

今見ると骸骨のインテリアがカッコイイです…が、店内で見ると動き出しそうに見えるんですよね。

img_2292

カウンターは6席くらいかな。ソファー席は4人掛けです。

img_2287

ちなみに、手前に写っている、赤いずきんをかぶっているのは人形です。小学生低学年くらいの大きさ(120cmくらい)あるので、結構怖いです。動き出しそう。

その横のソファー席に、半笑いの洋風人形があります。動き出しそう。

img_2290

店内中央から右手に目をやると、怪談師が話してくれる席があります。ちょっと分かりにくいかな。一段高くなっています。

img_2289

怪談師が1人座るためだけのスペースなのに、床におどろおどろしいマスクが埋め込まれてる‥。インテリアに凝りすぎだ…。

img_2301

トイレがまた怖い!人形の顔だけ、御札…小技が効きすぎ!

怖すぎて写真を撮り忘れたんですが、トイレのインテリアがめちゃくちゃ怖いです。トイレの個室内だけじゃなく、手を洗う洗面台の天井もかなり怖い。

人形の首だけが壁に貼ってあったり、謎の御札とか、その他もろもろ…。

排便・排尿に集中できません。

ちなみに、トイレに置いてある人形の髪は伸びるので、店員さんが定期的に散髪しているそうです。怪談話を聞く前に、すでに泣きそう(´;ω;`)

怪談は15分くらい。怪談師の城谷さんが挨拶しに来てくれる

トイレでびびりすぎて、かなり疲れました…。怪談の開始を待ちます。

お酒を飲みすぎると、怪談中にトイレに行きたくなりそうなので我慢。

img_2293

待機していると、今日怪談を話してくれる怪談師の城谷歩(しろたに・あゆむ)さんが挨拶回りに来てくださいました。

お客さん1人1人の席を回ってくれます。物腰柔らかな、和服の似合う素敵なナイスミドルです。

「今日はどんなきっかけで来てくれたの?」とか、「どんな話が聞きたい?」とか、世間話をしつつ、お客さんの要望によって、柔軟に今日聞かせてくれる話を変えるみたいです。

怪談師というより、落語家といったたたずまい。

蛇足ですが、城谷さんはめちゃくちゃ指がきれいです。指フェチ女子は絶対みるべき。

img_2294

ちなみに、城谷さんとチェキを撮りたい方は1回500円です。

img_2303

お見せの入り口付近に、過去お客さんと撮った2ショットがぺたぺた貼られていました。アイドルみたい。笑

いよいよ怪談開始!怪談中は店内移動・店外退出禁止。

※怪談中は話に聞き入っていたので、写真は撮っていません。

怪談がはじまる時間になると、急に店内が暗くなります。

いよいよか…と緊張していると、店内に2〜3個あるテレビが急に点きます。

ザーッと大音量で砂嵐が流れたかと思ったら、女性の悲鳴が…こわいこわい(´;ω;`)

怪談中は店内移動・店外退出禁止などの注意事項が流れます。ひとしきりアナウンスが終わると、城谷さんが登場。

怪談の前に、「今日はこんなお客さんが来てくれていて、嬉しいです〜」と城谷さんが、お客さんの紹介をざっくりとしてアイスブレーキング。

穏やかな笑顔に、今から漫談でも始まるんじゃないかと思っちゃいます。

そして、急に始まる怪談。

怪談BAR スリラーナイト常連の友人によると、怪談BARの怪談師のなかでも城谷さんの怪談が一番怖いんだそう。

15分で2本の怪談を聞かせてくれました。

城谷さんいわく、怪談話には2種類あるのだそうです。怪談とホラー。

怪談は「理由がある怖さ」、ホラーは「理由がない怖さ」だそう。

怪談話というのは、お岩さんの話とか、何か恨みつらみがあったりして霊になってしまった話。

ホラーは、全然自分には非がないのに取り憑かれたり、苦しめられたり、理不尽に怖い話。

城谷さんはどちかというと怪談話が得意だそうで、城谷さんの怪談話では感動で涙する人もいるのだとか。

独演会で聞けるそうなので、次回開催されるときは聞いてみたいです。

今回、15分間のうち、1本は怪談話。1本はホラー話でした。

城谷さんのホラー話はこちらで聞けるので、ぜひ事前にチェックしてみてください。

この話の怖さレベルが1だとしたら、怪談BAR スリラーナイトで聞いた話は、100倍くらい怖いです。

いきなり店内の小物がガタン!と動いたり、人形の首が落ちてくる

怪談を聞いていると、一番のもりあがりの部分で城谷さんが急に声をひそめ、にやりとしました。嫌な予感。

そして、天井から落ちてくる生首。

img_2302

「ぎゃーーーーーーーー!!!( TДT)」

年甲斐もなく、お腹から野太い悲鳴が出ました。店内のほかのお客さんが笑うレベル。

そしてチビりそうになりました。

いや、めちゃくちゃ怖いです。いきなり天井から頭が落ちてくると思います!?

髪を振り乱した生首って死ぬほど怖いですよ。しかも暗闇だし。

その他にも、物ががたっと動いたり、女性の悲鳴が大音量で聞こえたり、もう筆舌に尽くしがたい恐怖体験でした…。

城谷さんの話が終わり、店内の照明がつくころには私は疲れ切って抜け殻に…(ヽ´ω`)

城谷さんが店外までお見送りしてくれた!

「60分延長して、もう1本聞きますか?」と店員さんに聞かれましたが、丁重にお断りしました…。

へろへろになりながら店を出たんですが、城谷さんがわざわざ店外までお見送りしてくださいました。腰の低い方だなあ。

怪談がお好きな方には、絶対オススメの店です。

3,000円ほどで身の毛もよだつ怖い話が聞けるし、お店の雰囲気があるので、行くだけで楽しめます。

皆さんもぜひ行ってみてください!(●´ω`●)

 

matome2