【経験者が語る】うつ病の休職期間を延長したい!主治医と会社の使い方

こんにちは。うつ病闘病中、私(@namakerie)です。

私は、勤めていた会社を2年間休職していました。

2年間のうち、会社に4回ほど休職延長のお願いをした経験を、今回はご紹介したいと思います。

休職延長時に、主治医・会社をどう利用すればいいのか?を、赤裸々にレポートします。

スポンサーリンク

休職を延長するには、まず診断書!図々しく頼もう

休職期間を延長するには、医師の診断書が必要です。

診断書には、「病名:抑うつ状態 *月*日から*ヶ月(*月*日から*月*日まで)の休養を必要とします」と書いてもらいます。診断書の書式は、各病院でさまざま。

ですが、病名と休養期間は明示してもらわなくてはいけません。

それこそが、休職のために必要な情報です。

基本的に、精神科で「診断書をください」と言えば、所定の書式で漏れなく書いてくれるので大丈夫でしょう。

気のいい先生だと、「何ヶ月くらい休みたいの?」と患者に聞いてくれることがあります。

先生から聞かれなくても、休養期間は長めにお願いするようにしましょう。

私はいつも、半年でお願いしていました。

もし診断書の期間を短くしたほうがいいと渋る医者がいたら、あまり信用しないほうがいいかもしれません。

なぜなら、休職期間が長い=ゆっくり治療に専念できる ということなので、休職期間を引き伸ばしたくない=ひとりの患者に構いたくない。あなたを厄介者扱いしている ということです。

うつ病を治すために休職を取りたいのに、厄介者扱いされるようなら、おちおち先生を信頼することもできません。

自分の病気をきちんと治すためにも、診断書に書いてもらう休養期間は、なるべく長く書くようにしましょう。

そして、それを快く引き受けてくれる先生と、二人三脚で治していきましょう。

スポンサーリンク

会社とのやり取りも強気に!休めるだけ休もう

休職期間をはじめて延長する時、私は会社の人事部から「いつ辞めるのか」と強い圧力をかけられました。

はっきり「退職しろ」と言葉にはせずとも、電話口で

人事部担当者
困るんですよね。早く復帰するかどうなのか、ハッキリ考えていただかないと

とイライラしたような口調で言われました。

人事部からすれば、休職中もお給料を支払っています。

つまり、仕事をしていない人にお金を払うのなんて、無駄でしかないんです。

なので、さっさと辞めてもらった方がありがたい。

一度うつ病になった人は、再発しやすいです。

そもそも、うつ病はたかが数年で完治するものではありません

そんなストレス耐性のない人間を雇い続ける義理は、会社にはないわけです。

となると、さっさと辞めてほしい。自分から辞めたいと言い出してほしいんですよね。

ここでわかったのは、

  1. 電話だと威圧的に言質を取られる可能性があるので、連絡手段として絶対に使わない(連絡手段は必ずメールにする)
  2. 休職時のさまざまな判断は、主治医に相談すべき

ということ。

電話ではなくメールでやり取りすれば、相手がいつ何をどう私に言ったのか、すべて証拠が残ります。

もし会社があなたに何か問題ある発言をした場合、退職時に慰謝料などを請求できる場合もあるんです。

自分の身を守るためにも、連絡手段はメールで徹底するようにしましょう。

また、さまざまな判断を主治医に相談するのは、一番重要です。

もちろん、最終的な判断を下すのはあなたですが、うつ病患者に会社がどう接するのか、どんな接し方をこちらはしていけばいいのか、精神科医が一番よく知っています。

ただ、ここで悪徳な医者だった場合、「そんなことは知らん!勝手にあなたが決めればよかろう」と突き放してくることもあります。

なので、本当に信頼できる医師に相談するようにしましょう。

ただし、いくら信頼できるからといって、精神科医でもない親や兄弟などに相談すべきではありません。

彼らは健常者であり、うつ病という特殊な病気に関するビジネス上の扱いを知りません。

餅は餅屋。その道の専門家に任せるのが最適なのです。

スポンサーリンク

休職期間の平均期間‥そんなものは気にするな

休職期間中、私も何度も調べました。「休職期間の平均期間」。

でも、それを調べて結果を得たところで、あなたの不安は解消されることはないでしょう。

ある人は、休職期間の平均は1〜3ヶ月くらいといいます。ある人は、1〜2年だといいます。

さて、あなたは、なぜ平均期間を知りたいのでしょうか。

平均期間を知ることで、「きっとこれくらいの期間休んだら、この苦しい気持ちは治るんだ」と信じたいだけですよね?

うつ病の原因が十人十色であるように、治し方、治る期間も人それぞれ違います。

私は、まるまる2年間休職しました。それでも、治っていません。

自分なりに試行錯誤しましたが、うつ病の原因は分かっても、抑うつ状態を抑えることができないんです。

うつ病の根は、深いです。

平均期間なんてものは、気にしてはいけません。

いつ治るかは分かりません、でも、自分の好きなだけ休みましょう。

会社は、あなたに辛くあたることもあるでしょう。

でも、会社を休めるのはあなたの権利です。

これまでしっかり働いて義務を果たしたのですから、しっかり休むという権利は確実に履行されるべきなんです。

「休職なんて情けない」そんな考えが情けない!

私は、会社の上司からも、家族からも、休職中・休職前にこんなことを言われました。

上司・同僚
根性のない人だね。うつ病で休職なんて、情けないと思わない?
家族
うつ病だなんて、ああ恥ずかしい。親族に顔向けできないよ。

うつ病は甘え、恥ずかしいことだと面と向かって言われたんです。

それを言われた時、私も実はとても自分を恥ずかしい人間だ、情けない人間だと思い恥じました。

でも、今考えれば、それっておかしいですよね。

うつ病になったこともない人が、勝手にギャーギャー言っていることをなぜ鵜呑みにしてしまったんだろう?

こんなに苦しい思いをしたことのない人が、私の何をわかるっていうんだろう?

カウンセリングを何度も受けるうちに、やっとその言葉の棘が心から抜けていきました。

休職して退職した今、私は休職を悩む人に伝えたいです。

思いっきり休めば良いのです。

あなたには、その権利がある。義務がある。

あなたはゆっくり休むべきだ、神様がそう思ったからそうなったのです。

あなたは人一倍繊細で、お人好しで、まじめで、頑張り屋で‥一生懸命すぎたんです。

長い80年の人生、時に立ち止まってまわりをふっと見回してみるのも良いものです。

自分は何をしたいのか、人生で何を一番叶えたいのか。

休職期間は、自分の生きる道を再考してみる、いい機会です。

休職を恥じることなく、ぜひ新しい自分と向き合うきっかけにしましょう。

大丈夫。私も、そしてうつ病患者の同胞たちが、あなたと一緒にいますよ。

うつ病、一緒に治していきましょうね。