うつ病になった私が無職3年目に思ったこと

新卒で入った会社でパワハラを受け、うつ病になった私。

2年近く休職した後、3年前に会社を辞めました。

無職になって3年目、今の気持ちを書いてみます。

やりたいことがない

これまで親が、社会が、こんなふうになれと言うままに生きてきた私には、「自分のやりたいこと」がありませんでした。

正確には、「やりたいこと」をこれまでことごとく父に潰されてきて、「やりたい」と思っても無意識に否定する癖がついていて、もう何をやりたいのか分からなくなっているのです。

スポンサーリンク

自分の市場価値がわからないから就活できない

私は物を作るのが好きです。絵を描いたり、文章を書いたり。小物を作るのも得意です。

代わりに、大きな物音や声、威圧的な人間が苦手です。気を遣いすぎてへとへとになるから、人間関係も苦手です。

でも、それで暮らしていけるのか?と心の声がささやきます。

自分が社会に何を生み、遺せるのか分かりません。

客観的に社会での自分の市場価値がわからないので、どこのどんな求人情報を参考にしたらいいのかがわからないのです。

スポンサーリンク

1人で生きていく方法が分からない

今は過去の自分が残した資産を食いつぶしながら生きています。

でも、両親が死んだら?私は母に精神的に依存しています。なので、母が死んだら自分も死ぬのだと思っています。

生活保護とか障害年金とかいろいろ給付金制度はあるけれど、それでどこでどうやって生きるのか?と未来が全く見えません。真っ暗闇です。

ただただ、お金や大切な人を喪失することに怯えて暮らしています。

 

まとめ

無職になって何年目になっても、感じていることはほとんど変わりません。

強いて言うなら、1年目は個人事業主として売り上げを上げようと必死で何にでも取り組んでいましたが、うつ病が悪化して一気に売上が落ちてからは、もう何にも取り組む元気が出ませんでした。

2・3年目は死を待つだけの日々でした。

再就職しようにも、自分の市場価値がどこにあるのか、客観的に何が自分に足りているのかわからないから、才能の活かし方がわかりません。

どうしたら自分が自分らしく生きられるのか。自分らしく生きながら、生活ができるのか。

会社で自分以外の何かになれと言われ、それに合わせようと必死になって、またうつ病が悪化するが怖いです。

自分は何者なのか、知りたいです。