みやじ豚にこだわる!地産地消の隠れ家ダイニングバーなら「TAMARU」

こんにちは。食欲が強すぎて、横に成長中。私(@namakerie)です。

今回は、湘南のブランド豚、みやじ豚をふんだんに使った料理が有名なダイニングバー「湘南ダイニングTAMARU」へ行ってきました。

お店のこだわり・メニュー・店の雰囲気から店主から聞いた裏話までご紹介します!

みやじ豚以外にも神奈川県の食材を積極的に使い、「地産地消」をモットーとしたお店です。

「湘南大好き!」という仲良しおじさん2人を応援したい方は、ぜひ(・∀・)

スポンサーリンク

「湘南ダイニング TAMARU」は藤沢駅から徒歩3分。隠れ家的な入口

「湘南ダイニング」は、藤沢駅から徒歩3分のところにあります。

駅前にそびえたつOPA横の雑居ビル地下にひっそりとあるので、店頭看板を見逃すとどこから入っていいか分かりませんw

色とりどりのメニューが目を引きますねえ。おいしそう!

店頭看板横にある階段を降りていきます。結構急なので、注意しましょう( ー`дー´)

あまり日が入ってこないので、ちょっと不安になります‥怖い‥。

階段を降りきると、2〜3メートルある廊下の先にお店の入口が見えます。

ほっ、よかった。お店、ありました!( ´∀`)

入口には、「藤沢・辻堂」「OZ」などでお店が紹介された旨の紹介ポスターが貼ってあります。

こぢんまりした小さいお店ですが、意外と有名店なんですね。ふむふむ。

では、いざ入店しましょう!

スポンサーリンク

黒基調のこぢんまりと落ち着いた店内。お一人さまも入りやすい

お店の内装は、黒を基調としたシックな作りになっています。

艶のない、マットなブラックですね。

キャラメル色のカウンターや青みがかったグレーのテーブルとマッチしていて、おしゃれです!

カウンター席は7席、テーブル席は12席でした。

お店が小さめなのでお一人様でも気負わずに行けるし、19席なら貸し切りとかにもちょうど良さそうですね。宴会にも使えそう。

スポンサーリンク

オープンからまだ1年半。メニューはかなり充実していて驚く

ランチメニューは日替わりと書かれていたんですが、

店長さんが「今日はお客さんも少ないし、何でも作りますよ!」とやさしい一言。

月曜日のメンチカツが気になっていたから、嬉しい!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

ちなみにレギュラーセットの牡蠣フライの牡蠣は、岩手県赤崎産をメインに各地の名産を仕入れているのだそう。

店長はおしゃべり好きのようで、メニューのおすすめポイントをあれこれ説明してくれます。

店長
身がふっくら艶やかだから、蒸しカキで旨味をギュッと凝縮していただくと‥これがまた旨いんだな〜!

聞いてるだけでおいしそう‥牡蠣フライもいいですね。

ランチメニューを物色しつつ、ディナーのメニューも拝見します。

店長曰く、「湘南ダイニングTAMARU」はまだオープンして1年半だとか。

店長
本当はこっち(湘南ダイニングTAMARU)一本でやっていきたいんですけど、まだ(売上が)いいときと悪い時の差が激しくて‥。昼はサラリーマンやってるんですよ

昼は営業のお仕事をされているそうなんですが、毎日仕事が終わるとすぐにTAMARUへ向かうのだとか‥

二足のわらじなんてハードですよね。店長、苦労人。

そんな話を聞くと、つい応援したくなります(´;ω;`)

カウンター席から上を見上げると、本日のオススメに鯛のお刺身もありました。あん肝もある!

次は夜にお伺いしたいなあ。

あれこれ考えて、結局「湘南みやじ豚のロースカツランチ(1,200円)」にしました。

メンチカツもいいけど、もっとみやじ豚をダイレクトに味わいたかったので(*゚∀゚)

湘南みやじ豚のロースカツランチ(1,200円)は柔らかいのにあっさり!

湘南みやじ豚のロースカツランチ(1,200円)は、

  • 湘南みやじ豚のロースカツ
  • 千切りキャベツ(胡麻ドレッシングつき)
  • 冷奴の生姜のせ
  • 大根のあっさり出汁煮
  • わかめの味噌汁
  • 白米

の6品目(キャベツの千切りは1品目じゃないかな?)でした。

湘南みやじ豚は、「豚たちを、彼らの家族や兄弟たちと一緒に育てる」という飼育法をしている豚だそう。

家族と一緒に育てられた豚はストレスが少ないから、身が甘く柔らかいんですよね。(こう言うとすごく残酷に聞こえますが‥)

店長は何度か湘南みやじ豚の養豚場へ行ったことがあるそうなんですが、

飼育されているところを見ると、胸がつまって食べられなくなると言っていました。

それくらい、飼育されている豚たちがのびのびと楽しそうに過ごしているんだとか。

店長
僕も初めて知ったんですが、豚って笑うんですよね。家族と過ごしてる彼らって、すごくいい顔するんですよ‥。

聞きながら、私もうっと目頭が熱くなりましたが‥店長が

「そんな湘南みやじ豚なので、僕は日本一うまいと思ってます!!」

と気合入れて調理してくれたので、命に感謝していただきました。

確かに、身が柔らかい‥!!Σ(゚Д゚)

肉に歯を入れると、サクッとすぐに噛み切れます。でも、だからといって脂は決して多くありません。

むしろ、脂がなくてあっさりしすぎているかな?と思うくらい。

でも、赤身自体が噛むほどに甘くて、ジュワジュワ旨味が溢れ出します。めちゃくちゃうまい。

他の食べ物と一緒に食べて味を濁すのがもったいなくて、ロースカツだけを先に全部食べちゃいましたwwww

しかも、レモンだけで。ほんと、それくらい、豚本来の旨味が強いんです。

いやあ‥これは確かに日本一の豚だ‥(*´∀`*)

大根の煮物、お味噌汁がぬるかったのは残念でしたね。

煮物は味がしみててよかったけど、温かかったらもっと美味しかっただろうなあ‥。

あと、せっかく食材にこだわるなら、調理にもこだわってほしかったですね。

冷奴なんかは、ほんとに豆腐そのままでガッカリしました。

ロースカツ以外はイマイチでしたが‥湘南みやじ豚が突き抜けておいしかったので満足です!ヽ(=´▽`=)ノ

湘南・神奈川の食材にこだわるダイニングバーなら「湘南ダイニングTAMARU」

「湘南ダイニングTAMARU」の良さは、湘南みやじ豚をはじめとして、湘南・神奈川の食材をふんだんに使って「地産地消」を実践していること。

そして、店長の一生懸命さですね。

全国各地からおいしい食材とお酒を仕入れ、良質なものにこだわっている。こだわりたい!という思いがヒシヒシと伝わってきました。

また、湘南みやじ豚を食べるために行きたいですね(*´∀`*)

今度は夜にお邪魔して、江ノ島ビール・湘南ビールに舌鼓を打ちたいと思います。

湘南のおいしい食材を楽しみたいなら、ぜひ「湘南ダイニングTAMARU」へどうぞ!(・∀・)

matome2

ではまた!(提供:エリログ(@namakerie)Follow @namakerie