現役ライザップ会員が、LIVITO(リビト)とライザップを比較してみた

ライザップと激似のパーソナルトレーニングジムがあると聞き、現役ライザップ会員の筆者が調査してきました。

SKE48の松村香織さんや竹内舞さんも通うLIVITO。

今回は、LIVITOのコース内容(トレーニング・食事制限)・料金・評判をご紹介します。




LIVITOはどういう人向けか

LIVITOの概要

LIVITOは1つのコースを3〜4ヶ月間、週2〜3回の頻度で行い、ボディメイクします。

コースは、女性向けの「Bady make(ボディメイク)」、男性向けの「Body design CUT-UP(カットアップ)」「Body design BULK-UP(バルクアップ)」、男女向けの「Health conditioning(ヘルスコンディショニング)」の4種類があります。

料金は、

スタンダードコース(週2回のトレーニングと有酸素運動で、入会金5万円+16.6万円)。

VIPコース(週3回のトレーニングと有酸素運動+トレーニングウェア・シューズ無料保管+DNA鑑定つきで、入会金5万円+24.8万円)

の2種類。

いずれも、期間は3ヶ月間と設定されています。

プログラム終了後は、ネクストプランという維持プログラムがあり、ネクストプラン(週2回のトレーニング)と週1メンテプラン(週1回のトレーニング)という2種類が用意されています。

LIVITOは、こういう人に向いている・向いていない

LIVITOは、名古屋を中心に展開しているパーソナルトレーニングジムです。

東京にも芝浦・東中野店の2店舗がありますが、店舗数が全国5店舗と少ないです。

名古屋・四日市・那覇などにお住まいの方以外は、アクセスしづらいでしょう。

また、ライザップと同様、一般的なジムと比べてコース金額が高めです。

週3回・3〜4ヶ月間のトレーニングと考えると、ライザップに比べ割安ですが、それでも約16〜24万円はかかります。

しかも週3回・3ヶ月間のトレーニングとなると、ジムに行きたくないという日も出てくると思います。

「ジムは安く済ませたい」「なんとなくジムに通おうかと思っている」という方にはオススメできません。

「ボディメイクしたい」「**さんのような体になりたい」という目標がある人にこそ、LIVITOは向いています。

SKE48の松村香織さんや竹内舞さんはLIVITOの名古屋本店に通われているので、ここ数年は20〜30代の方が急増しているそうです。

松村さんや竹内さんを担当しているトレーナーに鍛えてほしい!という、かおたん・まいまいファンの方にもおすすめです(マツムラブ!のかおたんが好き)。

LIVITOとライザップの料金・コース内容・店舗数を比較してみる

LIVITOとライザップの料金比較

一番多くの人が利用している、LIVITOのスタンダードコース、ライザップの2ヶ月間コースを比較しました。

LIVITO ライザップ
入会金 5万円 5万円
コース料金 16.6万円 43.2万円
頻度 3ヶ月間・1ヶ月に12回(週に3回) 2ヶ月間・1ヶ月に12回
(2ヶ月で24回)
1回のトレーニングあたりの料金 約4,600円 約18,000円
特典 筋トレに加え、有酸素運動の方法を指導 なし

ライザップに比べると、LIVITOはかなり安いですね。

1回当たりのトレーニング料金で比較すると、ライザップはLIVITOの約4倍です。

LIVITOは週に3回のトレーニングが基本ですが、ライザップは月に12回と、1周間あたりのトレーニング回数は決まっていません。

なので、急な仕事が入りやすい方にはライザップの方がいいかも。

LIVITOとライザップのトレーニング内容比較

LIVITOでは、筋トレ+有酸素運動でボディメイクをします。

ライザップでは、筋トレのみです。

筆者はライザップに3ヶ月間通っていますが、筋トレだけでも十分に効果が出ます。

筆者の例をあげれば、ライザップ開始時は、身長150センチ・体重52キロ・体脂肪率31%だったのが、3ヶ月後には体重45キロ・体脂肪率22.5%まで落ちました。

体重は7キロ減、体脂肪率は8.5%減です。

LIVITOは、ライザップのトレーニングに有酸素運動を加えるので、ボディメイクはかなり早い段階で達成できるんじゃないでしょうか。

LIVITOは「健康的な食の知識や生活習慣は、プログラム期間中だけでなく一生の財産にしてほしい」というミッションを掲げています。

なので、ボディメイクの達成はもちろん、リバウンドしない生活習慣づくりに重きを置いていると感じました。

LIVITOとライザップの食事指導比較

LIVITOもライザップも、「高たんばく質・低脂肪」の食事+間食を推奨しています。ここはどちらも同じですね。
絶食などをせず、3大栄養素をしっかりと摂取しながら「痩せる生活習慣づくり」をテーマにしています。

LIVITOとライザップの店舗数・営業時間

LIVITOは全国5店舗(東京(芝浦・東中野)・愛知(名古屋)・三重(四日市)・沖縄(那覇))です。

ライザップは国内外に13店舗展開しています。

営業時間は、LIVITOが10:00〜22:00、ライザップが7:00〜23:00です。

ライザップは早朝にも営業しているので、朝ジムでトレーニングしてから出社したいというサラリーマンにはおすすめかもしれません。

とはいえ、ライザップの筋トレはかなりきついので、筋トレ後に仕事をするのは結構ハードというか、無理だと思います。

LIVITOの評判・口コミ

 

まとめ

  • ライザップとLIVITOの料金を比較すると、LIVITOはライザップの1/4の価格だった
  • LIVITOでは筋トレ+有酸素運動を週3回・3ヶ月間行うので、ライザップより早くボディメイクが完成する

「LIVITOはプライベートジムでもかなり高額」という印象を持っていましたが、ライザップと比較するとかなり安いですね。

トレーニング内容・頻度もかなり多くて、お得でした。

ライザップに40万円も払いたくない!でもしっかりとボディメイクしたい!という方には、LIVITOがおすすめですね。

美しい肉体を作り、維持したい方は、ぜひLIVITO公式サイトをチェックしてみてください。