fashy社のオリジナルベアー湯たんぽが欲しいあなたへ。注意点3つを教えます

こんにちは、私(@namakerie)です。

寒い冬、湯たんぽがあればすぐ眠りにつける!それに、かわいい湯たんぽなら見てるだけで癒される!

そんな理由で、ドイツのfashy社製、オリジナルベアー湯たんぽを買いました(26歳・女性・無職)。

by カエレバ

 

超絶キュートなテディベア湯たんぽですが、「買う前に思ってたのと違う!」という点もいくつかありました。

実際に使ってみた感想と注意点3点をご紹介します。

今、fashy社のオリジナルベアー湯たんぽを買おうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです( ´∀`)

スポンサーリンク

ドイツの老舗湯たんぽ屋「fashy」のオリジナルベアー湯たんぽは、こんな感じ!想像以上にデカイ!

2016年は11月の中旬に雪降るなど、秋も初旬からかなり冷え込みました。

「湯たんぽってダサいし、手入れが面倒くさそう」と敬遠してきた私ですが、毎朝氷のようにひえた手足がつらすぎて‥

ドイツのfashy(ファシー)社製オリジナルベアー湯たんぽを購入!(∩´∀`)∩ワーイ

ちなみにこの子は、オリジナルベアーの中でもボビー君という名前だそう。かわいい。

公式サイトを見ると、他にも仲間がいるみたいですね。

フェイクは毛が長くてもふもふしそう!(*゚∀゚)

ちなみに、我が家に届いたボビーを改めて見てみると、結構大きいです。

クマの脇に、比較対象としてビールを置いてみましたw

クマの背中にはマジックテープがついています。

こうやって、ベリッと開けて‥

中から湯たんぽを取り出すってわけです。

湯たんぽはプラスチック製ですね。蓋にもfashyの文字が。

ここにお湯をいれて、きゅっと蓋を閉めたら‥

こんな感じで、抱っこして寝ると、ちょうど湯たんぽが胃〜へその下くらいに当たります。

顔がかわいいので、足先が冷えるとはいえ踏みつけるのはできないですね‥(´・ω・`)

胃〜へそ下をあたためてるだけでも、十分体全体があたたまりますよ。

さて、ボビーくんの概要はこんな感じです。

以下では、早速ボビー君を使ってみての注意点3点と感想をご紹介します。

スポンサーリンク

クマの毛がめちゃくちゃ抜ける。ベッドの掃除は毎日必須。

最近寒い日が続いていたので、毎日ボビー君を抱きかかえて寝ていた私。

あることに気づきました。

何か‥茶色いものがパジャマや布団にたくさんついている‥??

これ、ボビー君の毛ですね。

ボビー君の毛は、想像以上に抜けます。

胸に抱きかかえていると、自分のパジャマの胸〜腹にかけて、ボビー君の毛がぽつぽつととれますよ。

対策方法は特に公式サイトや付属の説明書にかかれていないので、多分耐えるしかないですね‥。

ボビー君がハゲチャビンにならないことを祈るばかりです(´・ω・`)

スポンサーリンク

朝方にはぬるくなってる。あたたかさを期待できるのは夜だけ

湯たんぽのいいところは、12時間程度あたたかさが続くことだと思うのですが‥

ボビー君は基本的に8時間程度しかあたたかさが持続しません。

つまり、寝る直前にお湯を入れて寝ても、朝方にはひんやりひえちゃってるんですよね。

なので、「起床時に体をあたためたい」という目的ではfashyのオリジナルベアー湯たんぽは購入しないほうがいいです。

寝る前の体を温めて、気持ちよく眠りにつきたい方にはおすすめです。

湯たんぽがすぐへたる。プラスチック湯たんぽの寿命はかなり短い

ボビー君の中に入れる湯たんぽはこんな感じ。

最初は写真で見ても分かるように、真っ平らだったんです。

なのに、4〜5回使用したらこの通り。

湯たんぽが膨らんでるの、分かります?

多分、中に入れたお湯の温度で湯たんぽが変形しちゃってるんですよね。

同封されていた説明書には「90℃以上の熱湯は避け、40〜60℃のお湯を湯たんぽに入れるように」という注意書きが書いてあります。

私自身、沸騰したお湯ではなく、沸騰させたお湯に水を入れて温度を下げたものを使ったり、沸騰させた後しばらく放置してから使うようにしています。

なので、説明書どおりの使用方法をしているつもりなんですが‥買って1ヶ月もしないうちに変形しちゃいました。

すぐプラスチックが劣化するようなら、何度も買い換えなくてはいけないので面倒です‥。

破れたりしないことを祈るばかり(´・ω・`)

湯たんぽで一番メジャーな材質は、プラスチック製。メリット・デメリットを見つつ選ぼう

湯たんぽを買う時に、私も材質は悩みました。

fashy社の湯たんぽは塩化ビニル樹脂、つまりプラスチック製。

他にも、昔ながらのブリキや銅製、陶器製なんかもあります。

材質は、湯たんぽを使うシーンによって最適なものが違うので、「どこでどんな風に使いたいか」を考えると決めやすいですよ。

私が湯たんぽを買う時、それぞれの材質について安全性・保温性・耐久性などを調べてみたので、参考にしてみてください。

安全性 保温性 手入れの
手軽さ
おしゃれさ 価格 その他特徴
プラスチック
(fashy社など)
・火傷の心配はほぼない かなり低い(熱伝導率が圧倒的に低いため)
※5材質中、最も保温性が低い
・錆びないので手入れが簡単。 色・サイズが豊富なので、選び放題 100円から買えるほど安い
※5材質中、最も安い
ゴム ・長時間体に当てていると低温やけどをするので、就寝時には利用NG
・熱くなり過ぎず、軽く、水抜きもしやすいのでとても扱いやすい
低い(熱伝導率が低いため) ・プラスチック製湯たんぽとほぼ同じ。錆びないので手入れが簡単。
・プラスチックよりも劣化が早い。
・海外の病院でよく使われている
・ネットで購入が主
安い ・湯たんぽカバー不要。直接体を暖められる
・やわらかく、感触がいい
・ゴム特有の臭いがある
・耐熱温度が70℃ほどで低い
トタン・ブリキ ・ゴム製やプラスチック製に比べて、火傷しやすい
・他の素材に比べて重いので、小さな子どもがいる家は危険
高い(熱伝導率が高いため) 手入れは必要だが数年もつ 昭和レトロ風 安い ・直火で使える
・頑丈
・錆びに弱い
・ゴム製やプラスチック製に比べて、火傷しやすい
・他の素材に比べて重いので、小さな子どもがいる家は危険
高い(熱伝導率が圧倒的に高いため)
※5材質中、最も保温性が高い
手入れは必要だが、一生使える 昭和レトロ風 高い
※5材質中、最も高価
・直火で使える
・殺菌作用がある
・錆びに弱い
陶器 ・温度変化が緩やかで、体に優しい
・重い上に、落とすとヒビが入ったり、最悪割れて使い物にならなくなる
高い(熱伝導率が高いため) 手入れは必要だが、一生使える インテリアとして独特の存在感がある 高い ・江戸時代に最も使われた

総合すると、湯たんぽカバーとかをかけずに使いたい方はゴム製がおすすめ。でも、数時間しか効果はありません。

長時間のあたたかさを求めるなら、昔ながらのブリキや銅・陶器がおすすめ。ただ、小さなお子さんがいるような家庭だと、うっかり湯たんぽを触って大怪我‥なんてこともあるので、微妙かも。

寝る直前に布団を温めたい、とかなら、プラスチック製が一番手軽でいいかもしれませんね。安いし。

というわけで、皆さんの生活スタイルなどに合わせて選んでみてください(*゚∀゚)

fashyの湯たんぽはすぐ消耗しそう。1人暮らしで湯たんぽを買うなら奮発してもいいかも?

ここまで材質やらをチェックしてきましたが、

正直、今fashyの湯たんぽを使っていて「失敗した」って思ってますw

というのも、買うまでこんなに毛がぬけるなんて知らなかったし、一番寒さのつらい朝には湯たんぽは冷えてるし、すぐプラスチックが劣化するとも思わなかったから。

こんなの、安物買いの銭失いです。

あらかじめ知ってたら、もっと性能のいい高い湯たんぽがほしかった(´・ω・`)

で、次こそはちゃんとした湯たんぽ買うぞ!と意気込んで調べまくった私が今、目をつけているのが

ZEHI」っていう腰用やわらか湯たんぽ。

これ結構すごくて、理想の睡眠姿勢に矯正しつつ、体を温めてくれるんですよ。

普通、ゴム製の湯たんぽは「感触はいいけど、保温性が悪いし、同じ場所に当てると低温やけどする」が常識なんですけど‥

これは、空気を間に挟んだ特殊なゴム製湯たんぽなので、ずっと同じ姿勢でも低温やけどせずに済むし、保温性も高いまま保ってられるんです。

それに、これを買うと「国境なき医師団」に売上金の一部が寄付されるのだそう。

ボビー君がダメになり次第これを買うつもりです。

公式サイトは以下にあるので、ぜひチェックしてみてください(*゚∀゚)

腰用やわらか湯たんぽ ZEHI(ゼヒ)

fashy社のオリジナルベアー湯たんぽは‥

  1. 意外と毛が抜ける。ベッドの掃除は毎日必要。
  2. 思った以上に、あたたかさが持続しない。起床時はぬるい。
  3. プラスチック製の湯たんぽは、劣化が早い