お金持ちほど偉い?月100万円稼ぐアフィリエイターが、幸せの基準について考えてみた

お金を稼げる人ほど、偉いのかな?

お金を稼ぐほど、幸せになれるのかな?

私はお金を稼ごうと必死になってたら、心が疲れちゃいました😥

スポンサーリンク

アフィリエイター界では、お金を稼ぐ人ほど偉い

私はアフィリエイトをはじめて1年ほどになりますが、アフィリエイターの方々は基本的に「稼ぐ人ほど偉い」という価値観を持っているように感じます。

一方、ブロガー界では「Twitterのフォロワーが多いほど偉い」「バズるほど偉い」とか…。

各界でそれぞれ「こういう人が素晴らしい」っていう1つの価値観があって、みんながそれに向かって生きてるんですよね。

でも、それって気持ち悪いですよね。

 

だって、みんなそれぞれアフィリエイトを始めた環境が違うし、目的も違います

無職から始めた人もいれば、副業として始めた人もいるし、月5万円稼げればいい人もいれば、月1000万円稼ぎたい人もいます。

なのに、そうやっていろんな目的をもった人たちを「アフィリエイター」ってひとくくりにして、「稼げてないやつはゴミ!」なんて言うのはあまりに乱暴だなあと思うんです。

なぜ、みんな「みんな違って、みんないい」と思えないんだろう?

スポンサーリンク

 

幸せの基準は人それぞれなのに…

幸せの基準って人それぞれですよね。

でも、社会では「お金を持っている人が偉い」「美しい人が素晴らしい」みたいな風潮ってありませんか?

私は、そういう「こういう基準でなきゃダメ!」と他人を否定したり、されたりすることが大嫌いです。

貧しく、弱い人たちのために人生を捧げるマザーテレサみたいな人がいてもいいし、世界をITで変えてやると理想に燃えるスティーブ・ジョブズみたいな人がいてもいいと思います。

みんなそれぞれ幸せの基準があって、一生懸命生きているんだからいいじゃないか。

 

私は、各個人の幸せの基準は、誰かに否定されたり、非難されてはいけないと思うんです。

だって、その人の幸せの基準を否定することは、その人自身の生き方や人生を否定することになると思うから。

 

だけど、社会に出てみると、みんな当然のように「お金を稼ぐ人が偉い」とか「完璧な美人こそ素晴らしい」とか、偏った幸せの基準を押し付けてきますよね。

それって、本当はすごくおかしいことなんじゃないかなあ、と思うんです。

スポンサーリンク

 

幸せの基準を、他人に押し付けちゃダメ

「この基準を満たしてないとダメ!(例:稼げてないと偉くない)」っていう考え方を自分に向けるのはいいけど、他人に言うのはダメですよね。

だって、自分の幸せや人生の基準を、相手に一方的に押し付けてるってことですから。

相手には相手の、幸せや生きる基準があるのに。

相手の人生を知りもしないくせに、一面だけを見て、相手を知った気になって「お前はこうだ!」って判断するなんて…

あまりにも単細胞過ぎると思いませんか?

人間はいろんな側面があるってこと、わかんないのかなあ?って遠い目になりますよね。

 

 

他人の「幸せの基準」に巻き込まれるな

お金を稼ぐのが楽しくて仕方ない人は、お金を稼ぐのに一生懸命になるのがステキなことだと思うんです。

だって、「お金を稼ぐのが幸せ」が、その人の「幸せの基準」だから。

でも、もしお金を稼ぐのが楽しくないなら無理しなくていいと思うんです。

 

私もサラリーマン時代、「稼いでいるヤツほど偉い」とまわりに言われ続けたせいか、働いていない時間に「もっと稼がなきゃ」と思うことがあります。

でも、私は働くことがそんなに好きじゃないし、本を読んだり同じ悩みを抱えている人と話しているほうが楽しいし、自然や動物に触れているほうが幸せになれます。

私にとっては、「本を読む」とか「自然や動物に触れる」が、「幸せの基準」なんです。

だから、自分ひとりが生きていけるお金があれば十分だよな、と思います。

 

好きでもないのに無理に仕事をするってことは、つまり、他人の「幸せの基準」に巻き込まれてるってことです。

1度しかない、たかが80年そこらしかないこの人生で、嫌なことばかり続けるのは悲しすぎますよね。

自分の人生なのに、他人の幸せの基準に巻き込まれて生きるのはもったいないです。

 

それに、他人と争うだけの人生も絶対楽しくないはずです。

せっかくなら、それを追い求めていたら楽しくてしかたない!ということでいっぱいの人生にしたいですよね。

 

 

自分の「幸せの基準」を探してみよう

他人の「幸せの基準」に巻き込まれるのは、すごく楽です。

「お金をたくさん稼ぐ」

「完璧な美人になる」

こういう、いわゆる「世間の人が求めているような、幸せの基準っぽいもの」を求めた先に、一体何が残るんでしょうか?

それって、あなたが本当に心の底から求めているものなんでしょうか?

そして、心の底から求めているとしたらなぜ、求めているんでしょうか?

 

あなたは、いろんな人からちやほやされたいのかもしれません。

あなたは、誰かからうらやましがられたり、憧れられたりしたいのかもしれません。

でも、あなたの望む状況は永遠に続くのでしょうか?

そもそも、なぜあなたは他人からちやほやされたり、羨ましがられたいんでしょうか?

なぜ私はそれが欲しいの?なぜ私はそうしたいの?と「なぜ?」を繰り返していると、あなたの本当の願いが見えてくるはずです。

 

もし「なぜ?」と考えるのが面倒だと思うなら、あなたは「宝物(本当の願い)が眠っている場所を知らないまま、世界を放浪する人」のようなものです。

本当の願いが何なのかもわからず放浪すれば、あなたは必要以上に傷を負い、結局願いが叶えられないまま死ぬことがほとんどでしょう。

あなたが自分の心が求めているものを知ったなら、あなたは「宝物(本当の願い)が眠っている場所が書かれた地図を持っている、探検家」にレベルアップできます。

地図を持っているほうが、より苦しみが少なく、充実した旅ができると思いませんか?

 

「宝物(本当の願い)」をよく見てみると、あなたが本当に求めているものは「ちやほやされたい」とか「うらやましがられたい」「バカにされたくない」という簡単なものではないことが分かるでしょう。

あなたの本当の願いは、「孤独感」を癒やしたいのかもしれないし、特定の誰かに対する「憎しみ」を晴らすことかもしれません。

あなたの本当の願いが見えてきたら、あなたはそれを「幸せの基準」として追い求めればいいのです。

本当の願いを叶えるためにどんなことをしたらいいのか、考えてみましょう。

あなたはもう宝物のありかを見つけたのですから、そこまでの道筋は先人たちがたくさん示してくれているはずです。

宝物に辿り着くまで、あと少し!

宝物を探す旅に出たあなたは、「他人から押し付けられた幸せの基準」を追い求めていた時よりもずっと、幸せな気持ちで自分の人生を生きられるはずです。

 

 

幸せの基準は、人の数だけある

他人から「あなたはこの基準を満たせてないの?」と、「幸せの基準」を押し付けられたら…

(例:まだ恋人ができないの?結婚しないの?/それだけしか収入がないの?/まだ痩せられないの?など)

「自分の基準を押し付けることしかできない、あわれな人だなあ」と思おうね✊

自分の「幸せの基準」を押し付けてくる人って鬱陶しいよね〜😅