親に会いたくない。お正月に帰省しない娘・息子は親不孝?

こんにちは。うつ病闘病中のアラサー、なまけりー(@namakerie)です。

両親の教育虐待が原因でうつ病になり、治療を始めて1年以上が経ちます。

両親と一緒にいると、過食嘔吐や不眠症などの症状がでるので別居しているのですが‥

年末に「今年は実家に帰らないの?」と両親から聞かれ、帰らないと答えながらも「私は親不孝な娘だ」と苦しい気持ちでいっぱいでした。

うつ病など様々な理由が原因で「帰省しない」という選択をして、「私は親不孝なんじゃないか」と悩んでいる方のために、私の経験をご紹介します。

悩みを解消するきっかけになれたら、嬉しいです( ´∀`)

スポンサーリンク

2016年から2017年への年越し、人生で初めて帰省しなかった

2016年から2017年にかけての年末年始、私は実家に帰省しませんでした。

皆さんが実家に帰省しない理由は、何でしょうか。

親が嫌いだから、苦手だから、性格が合わないから。

親がAC(アダルトチルドレン)・発達障害などで、一緒にいるとキツイから。

などなど、色んな理由があると思います。

私の場合は、親がうつ病の原因だということが理由でした。

以前、帰省したときは、両親(特に父)と顔をあわせるのが苦痛で、食べては吐く‥という過食嘔吐に苦しむ毎日。

それがあまりに苦しくて、「もう実家には帰りたくない。親の顔は見たくない。」となったんですよね。

スポンサーリンク

両親は「うつ病や過食嘔吐でつらいなら帰らなくてもいい」と口では言うけど‥

年末に両親から帰省するかどうかの連絡がきたとき、両親はこう言っていました。

「うつ病や過食嘔吐でつらいなら、無理に帰省する必要はないから」と。

でも、私は知っています。

両親にとってこれは「いい親ぶるため」の言葉であって、本心ではないんだということを。

スポンサーリンク

私の実家では、夫婦・親子間で「本音で」会話したことは一度もない

私の両親は、仲が悪いです。

父が母に対してとても威圧的で、自分の思った通りに行動しないと激昂するんです。

母はいつも父に怯えて、何十年も生活しています。

母の怒りのはけ口は、いつも子供に向かってきます。

「お父さんはあんなひどいことを言った」「こんなひどいことをした」‥延々と愚痴を聞かされるんです。

父は母に威圧的な行動をとっていることを子供には知られたくないようで、子供の前では必死で「いい父親」ぶります。

いい親ぶっている父、父の顔色ばかり伺う母‥そんな両親は、いつだって本音では話してくれません。

仮面夫婦のような、世間体ばかりを気にしている両親に吐き気が出ます。

また、母は父から怒られることはあっても、長い間「愛される」という経験がありません。

なので、愛に飢えています。

母はきっと、「愚痴のはけ口」かつ「無償の愛をくれる存在」である子供を求めています。

なので、きっと帰ってきてほしいはず。

でも、いい親ぶってそんなことは口に出しません。

「帰らない」と宣言してから、「帰省しないなんて、自分は親不孝者だ」と自分を責める日々

両親に「実家には帰らない」と言ってから、私は自責の念に苦しむことになります。

私も母も、父からの威圧的な行動・言動によってうつ病になりました。

父は母に「こんなこともできないのか!」と家事を叱り、「余計なものは買うな!」と専業主婦の母が服を買うことさえ、いちいち自分の承認をとるように怒ります。

そんな日々のせいで、母は10〜15年ほど前に発症し、今も抗うつ剤をのみ続けています。

母はいわば、私と同じく、同一の加害者から被害を受けた者同士なんです。

だからこそ、「母を見捨てはいけないんじゃないか」「父のせいで自殺してしまうのではないか」「母への虐待を止められるのは、同じ苦しみを味わった私しかいないんじゃないか」と思ってしまうんです。

父は、医師という職業のくせに、自分の妻や娘のかかっている病気「うつ病」に全く興味関心を持ちません。

しかも、自分が原因でうつ病になったと聞かされても、全く病気について学ぼうとしません。

自分の出世にしか興味のない、最低最悪の人間です。

父はどうでもいいとしても、母が自殺しないためにも帰省してあげなくてはいけないのではと、私は苦しみました。

父の愚痴を聞かされ、愛してほしいと子供のようにせがむ母を思い出すと、嫌気が差します。

「もういい年齢なのに、なんで自分の問題を自分で解決できないの!?」

「私は私の人生を生きるので精一杯なのに、どうしてお母さんの人生にも責任を持たないといけないの!」

「どうして弟や妹は両親を助けてあげないの?どうして私ばっかりこんな辛い気持ちにならなきゃいけないの‥」

母のことを思う度に、胸が苦しくなりました。

私には弟と妹がいますが、どちらも両親につかずはなれずの関係です。

とてもドライで、両親の問題には立ち入ろうとしません。

母のうつ病の苦しみを理解できるのは私しかいないのに、今、母の手を振りほどいていいのか。

実家に帰った時、毎食ごとに過食嘔吐をして辛い思いをしたのに、まだ母のことを心配する自分が情けなくなります。

でも、心のどこかで、母を助けようとしない自分は親不孝なんじゃないか‥とずっと不安があるんです。

なぜ会うのか?なぜ会う「べき」と思うのか?

帰省しない自分を親不孝だとなぜ思うのか、もう一度考えてみました。

理由は、2つです。

[wc_box color=”secondary” text_align=”left”]
  • 両親に愛し愛されたい。実家に帰らない=幸せになる努力を怠っているのではという罪悪感があるから。
  • 母のうつ病を悪化させないために、私がサンドバッグ役になってあげないといけない。母を自殺させないために、今できることを精一杯してあげないといけないのではと責任感を感じるから。

私は幼い頃から、勉強をしないと愛してもらえませんでした。

勉強のできる弟と比較され、自分のアイデンティティだと思っていた「絵を描くこと」も、「お金にならない」「絵を描いても食っていけない。将来性がないことは考えるな。」と言われ‥

勉強すること以外の尺度で愛されることはなかったし、そんな環境だったので、自分も勉強をする自分以外を愛することができませんでした。

でも、本当は、ありのままの自分を愛してほしかった。愛したかった。

それを、心のどこかではずっと望んでいて、ありのままの私を愛しているんだよと両親に言ってほしいのだと思います。

愛される、愛する努力をしていると、自分に言い聞かせるために、帰省しなくてはと思うのでしょう。

また、うつ病から母を救いたいという気持ちもあります。

私がサンドバッグになってあげないと死ぬかもしれない、私以外の家族は母に無関心だから、私が最後の砦にならないと‥そんな不安があるから、帰省しなくてはと思うのでしょう。

でも、私はうつ病の原因は父だと、父に告白しました。父と母に関係を修復するようにも働きかけました。

母は自己流で抗うつ剤を飲んでいるので、カウンセリングに行くよう助言もしました。

でも、何も変わらなかった。

なら、私は何のために帰省するのか?

わざわざ苦しむために、帰省する必要があるのか?

 

会いたいなら会いに行けばいい。イヤなら東京へ戻ればいい。「すべきこと」なんてない

私は今回、帰省しないという決断をしました。

それは、帰省しなければと思う理由をあらためて考えてみたら、その問題を解決する方法は帰省しなければ叶えられないことではなかったから。

両親が不仲なのも、母のうつ病も、それは両親の問題です。

私の問題ではありません。

両親の問題を引き受けて、私が苦しむ義理はまったくありません。

それに、今は「帰省しない」という決断をしていても、もしかしたら、数日後に何か考えをがらりと変える出来事が起こって、帰省しようと思うかもしれない。

それはそれでいい気がします。

会いたいと思った時に会えばいい。会いたくないなら、会わなくていい。

私たちは武士じゃない。その時々で最善だと思う道を選べばいい

「武士に二言はない」という言葉がありますが、私たちは別に武士じゃありません。

私は今回帰省しなかったけれど、ふらりと何か気が向いて帰省することもあるかも。

実家には愛犬もいますしね。

過去の発言と行動が相違したところで、それは、誰に責められるものでもありません。

「過去の発言と行動が一貫してない!」と言われても、その決断をした私はそれが最善だと思ったのなら、それをつらぬけばいいと思います。

私たちは日々、最善の選択をして生きています。

過去の自分に縛られず、今の自分がどう思うかを大事にしながら行動すればいいのだと思います。

「帰省しない私は親不孝かも」と悩むなら、なぜ帰省したいと思うのか、なぜ帰省しないと決意したのか、思い出そう

なので、「両親が嫌いだ!会いたくない!」と思ったら、なぜ帰りたくないのか考えてみましょう。

そして、帰らないと決断したなら、親不孝かもなんて不安に思わずに自分に自信を持てばいいんです。

私たちは毎日最善の選択をしてるんだから、明日の私の気分は変わるかもしれないし、帰省するかしないかでそんなに悩まなくって大丈夫です。

親孝行か親不孝かなんて、他人からの視線は気にしないで。

自分の思う通り、自由に生きましょう。

matome2

「帰省しない=親不孝」なんて、世間の勝手なイメージ。自分の思いに自信を持って!

ではまた!(提供:ERI-LOG(@namakerie

スポンサーリンク