絶品だけど大将が口うるさい!癖のある焼き鳥屋なら「一徳」

こんにちは。はしご酒が大好きなアラサー、私(@namakerie)です。

おいしい焼き鳥屋さんには、目がない私。

最近、「藤沢一口うるさい親父」が営む絶品焼き鳥屋があると聞き、潜入捜査してきました!

藤沢付近でおもしろい店を探している方、おいしい焼き鳥が食べたい方はぜひ参考にしてみてください( ´∀`)

スポンサーリンク

藤沢駅から徒歩3分。年季の入った外観にひるむ

藤沢駅から徒歩3分のところにある焼き鳥屋、「一徳」。

日中は写真のように閉まっているので、まさか営業しているお店なんて思ってもみませんでした。

たまたま夜に店の前を通りかかり、「こんなところに焼き鳥屋があったのか!」「そういえば、変な店主がいる店って聞いた気がするかも‥」と興味を惹かれて立ち寄ります。

スポンサーリンク

店内は、カウンター席のみ。親父に促されて着席。

店内に入ると、カウンター席が6席あるのみ。

どこに座ろうかと目を泳がせていると、親父から厳しい声が飛びます。

親父
お嬢ちゃん!さっさと入ってくんないかね!

大きな声に驚き、萎縮する私。ひええ‥こんな怖い親父だなんて知らなかった‥。

早くも入店したことを後悔しはじめます。

席につくと、聞いてもいないのに親父が勝手に店のルールをまくし立て始めました。

親父
うちは注文にルールがあるんだよ。しっかり壁の張り紙をみとくれ。

具材の名前の後に、本数を言うこと。

具材の名前を続けて言って、最後に本数を言うのはダメだよ!

具材はカウンター前のケースに並べてあるから。

壁に貼ってあるのと同じ順番に具材も並べてるから、前後の具材を見て判断しな。すぐ俺に聞くなよ!

あとな、ねぎまはうちにはないから!そこはしっかり覚えとけよ。理由がわかんなければ、ネットで調べな!書いてあるから。ちゃんと探しとけよ。

一気にまくしたてられたので、ほとんど聞き取れませんでしたwww

まあいっか。と思いつつ、壁を見ます。

スポンサーリンク

注文方法が独特。きちんと言えないと親父に叱られる

おお、ずらりと串の名前が並んでますね。

ここは満州焼き(カシラの味噌ダレ焼き)が有名だと食べログで読んでいたので、早速注文します。

あと、「樽焼酎」ってなんだろう?

あの、満州焼き1つと‥
親父
今焼いてんだよ!手が空いてる時に言いな!そんなのも分かんないのかい!

ひ、ひいい‥。何でこんな怒られなきゃいけないの‥??

しかも、親父は怒鳴った後もブツブツ文句を言うんですよ。

「1つじゃねえだろ、1本だろ。単位くらいちゃんと言えよ。幼稚園で習わなかったのかよ。」

‥うるさい親父だなあ。

何を言ってもしても理不尽に怒られるもんですから、段々イライラしてきます(●`ε´●)

お腹が空いてたから入ったけど、もう絶対二度とこんな店来ないんだから!最悪最低な気分!

もう一度、リベンジです。

あの!注文お願いします!満州焼き1本と樽焼酎!
親父
「と」はいらねえっつってんだろ!

たかが注文でなぜここまで怒られなくちゃいけないんでしょうか‥怒りを通り越して、もはや涙目です。

どうして焼き鳥一本、お酒を一杯飲むだけでここまでメタクソに怒られるのか。ひどい。

「満州焼き1本と樽焼酎な。」とぼそっと復唱して、親父が串を焼き始めます。

やっと注文で怒られるのから解放される‥とホッとしたのもつかの間。

親父
おい、嬢ちゃん。樽焼酎って何か分かんねえで注文してっだろ。

と言い、樽焼酎の説明を怒涛の勢いで始めます。

焼酎を樽に入れて保管しているので、木の香りがうつっておいしいんだとか。

へーと思いながら聞いてたら、更に親父の雷が落ちます。

親父
おい、嬢ちゃん。ねぎまの意味調べたか?

入店時に言われた気がするけど、ここまで注文するのに必死で調べてない‥。

一徳の壁にはこんな「ねぎまはありません!」という張り紙がしてあったので、親父はねぎまに相当恨みでもあるんでしょうか。

とりあえず、張り紙をちら見して

マグロとネギのぶつ切りの鍋が、ねぎまの本当の意味なんですよね

と知ったかぶりをしてみました。

すると、親父の態度が急に軟化。

親父
そう。言葉の本来の意味も分からずに使ってるやつが多すぎんだよ!

そのせいで、俺がこうやっていちいち直してやんなきゃいけねえ。めんどくせえ。

その後もブツブツ文句を言いながら、串を焼く親父。

面倒なら注意しなければいいのでは‥という言葉は飲み込みますww

焼き鳥も日本酒も、どれを頼んでもめちゃくちゃ旨い!絶品!

「満州焼き」「皮」など、親父のおすすめの串を何本か頼んでみました。

満州焼きは、味噌ダレということでかなりコッテリ目かと思いきや‥

甘さや塩っ辛さはほとんどないです。

マイルドな旨味だけが肉に残っています。おいしい!

皮も、鶏皮が苦手な私ですがとてもおいしくいただけました。

鶏の臭みやイヤな血の感じなどはなく、パリッとした香ばしさとホルモンっぽい噛むほどにでるジューシーさのバランスが絶妙です!

最高〜!!!!!!( ´∀`)

ちなみに、串を写真に撮る時も、撮る方向をいちいち親父に指摘されます。

親父
串は縦に撮るんじゃないよ!横に撮るんだ。どれもが均等にきれいに見えるだろ。

食べる時も、もちろん親父の小言を聞きます。

親父
皮を1口食べたら、次はハツを1口食え。

その後に、満州焼きだ。その次は、ハツ。

ちゃんと守れよ!おい、早く食え!

人の食べるペースにも口出ししてくるので、うるさかったですw

樽焼酎はヒノキの香りに癒されたし、滑らかな舌触りと飲み心地が最高でした!

ちなみに、隣の席のカップルは私以上に親父に叱られ続けてましたw

酔った男性が「この酒まずい、おいしくない」と言った瞬間に、親父が激怒。

親父
帰れ!二度と来るな!

親父はキレたっきりカップルを見据えて一言も発しません。

カップルのうち男性のほうが「えーそんなキレないでくださいよおw」と茶化したものの、親父は一歩も引きません。カップルを睨みつけたまま、仁王立ちです。

閻魔様みたいww

結局、カップルは食べていた串の大半を残して、ささっとお会計を済まし、店を後に。

ひいい‥確かに頑張って選んだ酒をまずいって言われたらいやだけど‥。

親父、こんなに客を選んで大丈夫なの?と不安になりましたw

元海軍隊員だった親父。73歳でも腕立ては毎日欠かさない

串も酒も、種類は少ないもののおいしいので、ダラダラと飲み続ける私。

店の滞在時間が2時間を過ぎた頃から、親父がだんだん心を開いてきてくれました。

店の壁には張り紙が多いのですが、入口上にかけてある賞状がやけに目につきます。

親父さん、あの賞状は何ですか?
親父
ああ?あれか。俺はもともと海軍だったからよ。辞めるときに賞状もらったんだよ。

へえ〜面白い経歴。海軍の隊員から焼き鳥屋の店主かあ‥と話をどんどん聞いていきます。

若い頃の写真を見せてもらったり、奥さんの写真や子供の写真もiPadで見せてもらいます。

奥さん、美人ですねえ
親父さん、イケメンですねえ

と褒めていると、調子に乗り出す親父w

親父
まあな!今年で73だがよ。毎日腕立ても30回はやってるしな!

そう言うと、急に厨房から出てきて腕立てを始めましたw

すごいスピードwww腕立て1回のスピードが速すぎwwww

ビール瓶のフタをキャラメルみたいにグニャグニャ曲げて見せてくれたり、私が店を後にするまでひたすら筋肉自慢をしてくれましたw

親父を手懐けるには、ほめまくるのが吉ですw

親父の小言を笑顔で聞き流せる人には、おすすめ

一徳は串も酒もおいしいお店なんですが、いかんせん親父のアクが強すぎますw

デートで行くにはおすすめしませんね。恋人と話す隙を与えてくれません。

ひとりで飲みたい時にこそ、本領を発揮する店だと思いますw

親父の小言に笑顔で対応できる自信のある方、料理がうまけりゃ親父なんて関係ねえよ!という漢気のある方は是非お立ち寄りください( ´∀`)

matome2

ではまた!(提供:エリログ(@namakerie)Follow @namakerie