「まさか自分が」「もう若くない」26歳で食欲が激減した話。

こんにちは、なまけりー(@namakerie)です。

今回は26歳以下の皆さんへ、

「26歳はBBAだ!20歳以降はアンチエイジングしろ!」

と警告したいと思います。

なぜなら、私は26歳の1年間で急激な老化を感じたからw

頻繁に吐くようになったり、食事の好みや肌がガラリと変わったり‥

「26歳になると、こんなことがあなたを待っているよ」という体験談をご紹介します( ̄ー ̄)ニヤリ

スポンサーリンク

胃腸がめちゃくちゃ虚弱に。油もの・主食系は食べると吐く

私は、筋金入りのジロリアン(ラーメン二郎が好きな人のこと)です。

都内だけでなく、県外のラーメン二郎に足を運ぶこともよくありました。

ラーメン大や全マシはさすがに食べられませんでしたが、ラーメン小ならぺろりと平らげていました。

それが、26歳になってからガクンと食欲がなくなったんです。

脂っこいものを食べただけで、半日は胃腸がキリキリ痛みます。

お米やパン、麺類など主食系のものは、普段通り食べても吐くようになりました。

主食系の食べ物は胃の中で膨らみ、気持ち悪くなってしまうんですよね。

体内にとどめておけないんです。

主食系の食べ物は1週間に1回でいいし、脂っこいものは一生食べなくていいと思うようになりました。

自分は一生ジロリアンだと思っていたのに、

まさかこんなに早く老化が来て食べられなくなるなんて‥思ってもみなかったですね。

スポンサーリンク

妊娠もしてないのに‥食の好みがガラリと変わった

主食系は吐くようになったし、油っこいものも食べられなくなった私。

じゃあ何を食べているのかというと、魚です。

肉を食べると胃が重くてつらいんですが、魚だと平気なんですよね。

若い頃は、おじさん・おばさんたちがお鮨を有難がって食べているのを見ながら、「そんなのよりステーキとか焼肉の方がいい」って思ってたんです。

でも今はおじさん・おばさんの気持ちが痛いほど分かりますね。

肉は無理です。魚でないとダメ。最近は、週に2〜3回はお刺身を食べてます。

あと、おかゆもよく食べるようになりました。

今までは体調が悪い時にだけ食べていたんですが、ここのところ、2〜3日に1回くらいのペースで食べてます。

消化しやすくて、胃腸にやさしいんですよね〜。

魚やおかゆなど、加齢による味覚の変化で好きになったものもありますが‥

嫌いになったものも多いです。

例えば、生卵と生のトマト。

生卵の生臭さがダメになりました。トマトも、グジュッとした汁とタネ部分がNGです。

kiriのチーズも、「kiri」って書かれてるだけで関連商品は買い尽くすレベルで大好きだったんですけど‥今は乳臭さがダメですね。

妊娠しなくても、人ってこんなに食べ物の好みが変わるんだなと衝撃です。

スポンサーリンク

代謝が急悪化!チョコを食べると、翌日はニキビ大量発生

あと、一番ショックだったのは「チョコを食べた翌日、顔に吹き出物がめちゃくちゃ出来るようになった」ことですね。

もともと私は代謝がいいのと、肌が強いおかげで、肌トラブルとは無縁の生活をしてました。

化粧水も乳液もつけないで生活していても、粉を吹いたりベタベタすることはなかったんです。

ですが、26歳になってから急に肌の曲がり角がきました。

前日にチョコレートなど脂っぽいものを食べると、翌日はまあひどい。

おでこ、鼻、あご、ほお‥あらゆるところに、ぽつぽつと大量の吹き出物が!!!

しかも、なかなか治らないんですよ。

大人用のニキビクリームを塗って寝ても、今までなら2〜3日で治っていたものが、1週間経ってもまだ治らない。

皮膚科で相談しても、「食事内容の見直し」「運動をより小まめに行う」などのアドバイスしかもらえません。

まあ、理由は「老化」に尽きるんだと思います。かなしい。

26歳はもう若くない。アンチエイジングに励むべし!

26歳になって思うのは、「自分が思っているよりも、体内はババアだな」ということ。

ただ、私は10年以上過食嘔吐をしているので、現時点で、体内年齢は52歳です。

同年代よりも早く老化を感じているかもしれません。

それにしても、アンチエイジングって、私、30代半ば以降からやるものだと思ってたんです。

でも、違うみたい。

髪なんかは20代半ばから老化が始まってるらしいです。

今年1年間で、老化によるあらゆる変化を体験してしまったので、

私は今なりふりかまわずアンチエイジングに励んでます。

ジムにもエステに行くようになったし、漢方とかを飲んで体内のケアも真剣に考えるようになりました。

26歳になってから、目を大きく見開くと、おでこにしわができるようになったんですよね‥シミも気になる。

楽しく生きるには、まず健康であること。健康第一です。

胃腸に優しい生活を送りましょう。

その上でさらに美しくいられれば、自分が毎日楽しく生きられます。

肌も髪もしっかりケアしましょう。

26歳はまだまだ20代半ばだしと、若さにかまけて自分を疎かにしちゃいけません。

20代の皆さん、今日からアンチエイジングに励むのです!

「アンチエイジング化粧品とか、買うの恥ずかしい」なんて言ってる場合じゃないのです。

老化はあなたの目の前まで迫ってます。

ガチでババアになる前に、体内から若く、そして、シミもしわも食い止めましょう。